2015/06/21

ラーメンショップ 牛久結束店 6@茨城県牛久市

ラーメンショップ 牛久結束店
店舗
茨城県牛久市結束町504-1 (車の場合)圏央道・牛久阿見I.C.を降りて直進し、そのまま7-8分

営業の移動途中に久々の訪問。
名前は「ラーメンショップ」ですが
現在はFCを抜けて独自路線を歩んでいるようなので、
「愛する会」的としてではなく、旨いラーメンを食べたいという、
ラーメン好きとしてお邪魔した次第です。


券売機
店内左側にある券売機

醤油、味噌、塩、そしてつけ麺など、
横一列に配列されているのが
わかりやすくて有難いです


特製和風ラーメン(690円) ※麺硬め
丼
以前から気になっていた変化球の“和風”の特製です。
黒いドンブリで提供されました。

厨房で作っている過程が見えましたが、
スープに魚粉を入れて撹拌していた以外は
同ロットのラーメンと同じだったと思います。


スープ
かなりオイリーで背脂もデフォとさほど変わらぬ感じで入っています。
スープには撹拌された魚粉が万遍なく行き渡っており
魚粉が強めに効いた豚骨醤油、ですね。
分類はトンギョ、になるのでしょうか?

アブラ、背脂が多いので、


141118c_0001-580x737.jpg
“和風”から想像していたしとやかな味ではなく


asagirihikaru_141017a001a.jpg
ラーショ由来の味が強いですね。


麺
自家製の中細麺は
硬め指定でポソモチ感があります。
かん水臭さがなく食べやすい。
ラーショの麺とは違いますが、
スープに合いますし、なかなか美味しい。


具
具はチャーシュー、ネギ、味玉、海苔などラーショ基本の具。
それらが全て乗って「特製」なのかな。
ネギは味付けのないもので、スープに対抗する具として有効的。


チャーシュー
チャーシューは厚みがあり、ホロトロでうんまい。

具がこれだけ乗って690円は、なかなかお得感がありますね。


 ごちそうさま 


和風になっても、クドショッパ(笑)
同じ「和風」でも、金田亭とは違い、ラーショらしさを前面に出しています。
アブラが苦手な方は、抜きにするか、少なめのほうが無難かもしれません。

また来ます。

関連記事

コメント

非公開コメント

>コテハンアラシさん

コメントありがとうございます

> ズキュンな方がいらっしゃったのか気になって夜しか寝れへんwww

えっと・・頭は某所で一杯ですm(__)m

>サトキチ・ドマチンスキーさん

コメントありがとうございます

> 牛久結束、もう2年は逝ってなかったデス
> 圏央道も繫がったコトだしバイクが車検から戻って来たら逝ってみます。

私も気がつけば2年半ぶりくらいでした。
コテコテギタギタのラーメンはあまり食べなくなったからかもしれません。
次はつけ麺、アブラ少なめ、にします。

ズキュンな方がいらっしゃったのか気になって夜しか寝れへんwww

牛久結束、もう2年は逝ってなかったデス

圏央道も繫がったコトだしバイクが車検から戻って来たら逝ってみます。