2015/04/26

忘八 1@埼玉県加須市

忘八

埼玉県加須市下樋遣川6866-3

※外観写真、撮り忘れましたm(__)m

最近話題のこちらへ行ってきました。
日曜だったこともあり、開店時の行列は20人くらいだったでしょうか。

店内のカウンター席、4人用テーブル席とも空いており
お好きなところへどうぞ、と言われましたが、偶然にも数人後ろに
群馬のコワイオニサンオネサン重鎮様お二人がいらっしゃってほぼ同時に案内されましたので
テーブル席を選び、ご一緒させていただきましたm(__)m


メニュー

メニュー
「和」を基調とする中華そば、つけ麺を提供されているようです。


説明
具材、食べ方などの説明が書かれた案内を読みながら 
お二人に近況報告などしつつ、待つこと8分でつけ麺が運ばれてきました。


つけそば(醤油)・800円 + チャーシュー200円
丼
麺は「細麺」も選べるようですが、初回ですのでここはデフォ、
ただし、肉質が重鎮様に絶賛されていた記憶がありましたので
チャーシューを増しております。

ちなみに後から来たお客様の中には、
「塩つけ麺のつけだれから塩全部抜き、そして細麺」なんて、
マニアックな注文をされる方もいるようです。
恐るべし ラヲタ 恐るべし


麺
麺はたっぷりな昆布汁の中に浸されています。
乗っているのはチャーシュー2種類とカイワレ。


つけ
つけダレは色濃く、よく見るとしっかりと油が浮いています


つけ2
キレがある醤油味、塩分強め。
そのまま飲むとシビレそうなのですが、
昆布汁に浸かった麺をくぐらせても負けないためと思われます。
油も何気なくラーメン(つけ麺)らしいコクを演出。


麺2
全粒粉入りの麺は、その細さと裏腹に
しっかりした噛み心地、コシがあります。
啜るとき、見た目以上に角を感じるほど。


麺3
麺そのものも旨いけど、
ぬめりを感じる昆布汁を纏って、うんまいw


薬味
薬味はワサビ、塩、青ネギ。
説明に、「ワサビや塩を麺の上に乗せてそのまま食べるのもお勧めです」
などと書いてありましたので、それに従ってみますと、
薬味の辛さ、ショッパさで麺と昆布汁の味が浮かび上がるんですね。

つけだれを使わずに、
このまま食べきってしまいそうになった人がいるようですが、
気持ちを理解できます。


肉
流行の低温調理チャーシュー。
デフォだとチャーシューは2種類が各1枚ですから
チャーシュートッピングは豚1、鶏2、ということになります。

これがどちらも、しっとり、軟らか。
肉食ってる感があって、これまた旨し!
そしてワサビと塩を軽くつけてそのまま、あるいは
ワサビを乗せてつけだれの醤油に軽く浸すと、実に合うじゃないですか。


img_20080928T223814531.jpg
これをアテに、酒が欲しくなりますたw


このほかに極太メンマとカイワレなんですが、
メンマなんかは写真を撮ることを忘れちゃいました。


昆布汁をツケダレの中へ入れて割って飲むのも
ありのようなんですが、そうすると“全部の全部”を飲んでしまいそうなので
水と昆布汁を少しずつ含みながら、ツケダレ姦淫。


 ごちそうさま 


美味しかったです。
比較的近所でありながら、開店から1年以上気が付かなかったのが
申し訳ないというか、恥ずかしいくらい。

休みの日は1時間くらい前から並びはじめているようなので、
次回は平日を狙って再訪してみたいと思います。


関連記事

コメント

非公開コメント

>サトキチ・ドマチンスキー さん

コメントありがとうございます。

アタシも当然、単独行動が可能な場合だけです。
この日はかみさんが朝から1日外出と恵まれまして。
半端な時間に行って、待ち時間が読めないよりは
早めに行ったほうがいいかもしれませんね。

地元の話題店ですね

アタクシも逝きたいのですがこうもハードルが上がりまくっちゃうと家人の承諾が得られず・・・


いいなぁ