2014/11/20

鶏煮亭 1@埼玉県さいたま市岩槻区

鶏煮亭
店舗
埼玉県さいたま市岩槻区西町5-3-42

ここにあった「ラーメンガキ大将」が1年ほど前に閉店し、「濃厚鶏そば麺屋まる」になりましたが、
いつの間にかそちらも閉店し、同じく鶏白湯を売りにするラーメン店に変わっておりました。
東京を中心に麺屋武一を展開する「株式会社テイクユー」のフランチャイスチェーンのようで、
下高井戸、川崎の「麺匠ようすけ鶏煮亭」と同系統と思われます。

13時前の訪問で先客20人以上! 
しかし広い店内は60人以上の収容力がありますので余裕で着席。
駐車場も広いので、入りやすとはいえそうです。
ただ、これだけ席数があると、月々のライセンス料が結構かかりそう。
あ、余計な心配は無用ですね、スマソ・・


挨拶  説明
店主挨拶     
鶏煮亭=トリニティ=三位一体=スープ、麺、トッピングの三位一体、ということのようです

説明2
説明書き

メニュー1  メニュー2
メニューは潔く、鶏白湯専門         トッピング


メニュー3  メニュー4
つけ麺もあります                 夜jはつまみも


注文したのは基本の一杯と言える鶏白湯のセット。


濃厚鶏白湯らーめん・ミニどんぶりセット(951円 ※) 
丼
※メニューでは924円となっていますが、消費税率5%時代の修正漏れのようで、実際には951円でした。


スープ
丸鶏とモミジも使ったというスープは、まさに鶏白湯王道的、ぽってりとした粘度。
鶏の旨さ十分でなかなか美味しい。
運営会社の記事を読むと、スープは養鶏場の近くで作って各店に届けられるようなので
味のブレがなく、スープを炊く手間がなく、オペレーションが安定して早い、ということになるのかな。
濃すぎず、後半になっても飽きがきません。


麺
中細の麺は加水率低め、少しポソッとした感じでカンスイ臭はしっかり系。
スープとの相性はいいです。


具 穂先メンマ
具は、鶏チャ、刻み玉ねぎ、穂先メンマと、
これまた王道的鶏白湯の具のツボを押さえた構成。そこへ糸唐辛子が乗ります。
ボリューム的にはやや寂しいかな。


さて、鶏白湯専門店でも委員会活動。


ミニきじ丼
ミニきじ丼
ミニきじ丼だって、


乗せ
当然こうなります。


 ごちそうさま 


最近、春日部の「鶏そば 渡」が閉店してしまい、
春日部・岩槻あたりで鶏白湯だと「ブラウン」しかないので、
キャパの広さを活かして頑張っていただきたいです。


営業時間
営業時間
カウンター席は禁煙とのことです
関連記事

コメント

非公開コメント

> さん

コメントありがとうございます

この時以来訪問しておらず自分の記憶はほとんど残っていないので、写真を見なおしたのですが
スープも麺も、そこまで少なくなかったような気がします。
大盛りでもスープの量が同じだったのですかね。
なにはともあれ、残念でしたね。
次に食べる(食べた)ラーメンが満足行くものである(あった)ことを祈念しております。

鶏煮亭、今日初めて行きました。通える距離だから期待して入店。
味は良い。味は普通に良かった。
でも、、、
あのスープの量は酷い。
品が届いて あれっ!? って思った。博多の替え玉ラーメン
ドンブリ?っていう位に小さい。まさか、これに大盛り注文した麺も
入っているのですか???と。
それに、あまりにもスープの量をケチり過ぎ。丼のサイズもかなり小さめな為、
大盛りを注文しても、!!?!?!??な量・・・。
スープはドロドロ。結果、麺はべちょべちょ・・・。
麺がべちょるのは当然ですよね。
アンケート用紙があったから食べながら書きました。

スープはケチり過ぎ。
メンは少ない。
二度と来ない。

と。
カウンターでは丼を上に戻してもらえると助かります~みたいなこと
プリントしたシール張ってあったり。
もう、二度と行かない。