2014/05/04

第149回 天皇賞 (春) 

出走30分前に書いております。

前評判では4強などといわれながらも、
いざ馬券が売られるとフェノーメノは単勝二桁オッズ。

3強、しかもキズナが1倍台という圧倒的支持を受けていますね。

キズナ、強いんだろうな~

強いんですよね~

でも、結構荒れる天皇賞ですよ。   


悩んだ末に選んだのは、
ゴールドシップとキズナ。これだけでは固すぎます。
選んだ穴候補は、タニノエポレット。
長距離路線で地味な活躍をしてきた馬。これを絡めます。

小倉大賞典でいい脚を見せたラストインパクトを押さえ。

ウィンバリアシオンは、岩田騎乗停止で乗り替わったシュタルケが
落馬負傷で武幸四郎に再度乗り変わったこともあり、外しました。



三連複軸2頭流し(100円)
8-14-全
8-9-全
9-14-全
=4800円

ワイド
8-11 (300円)
三連複軸2頭流し(100円)
8-11-9,12,14
=600円

計5400円


さあ、どうなりますかね。




ゲートが開くと、1頭大きく出遅れたのが、ゴールドシップ。
おい、今日、やってくれるのか。
しかもかなりじゃないの。

昔見た、“武豊の伝説的出遅れ”、とは違うのよね。
ほんと、ゲート練習からやり直してほしいぞ。

しかしよくと、その武豊の乗るキズナがゴールドシップの前、
さらにレース中盤ではウィンバリアシオンも後方からと人気馬が追いかける展開。
そこには、タニノエポレットもいるぞ。。。
自分の軸三頭が最後方という、目を背けたくなる状況。

さすがに京都の直線で、ここから歴戦の古馬たちをまとめて差し切るのは至難の業なわけで。
結果は人気を落とした4強の一角、蛯名のフェノーメノが好位から抜け出して快勝。

7-12-6-14-9

馬連7-12 2080円 三連複6-7-12 38790円 三連単7-12-6 211180円

はい、荒れましたm(__)m
結局1番人気キズナは4着、2番人気ゴールドシップは7着。
タニノエポレットは5着と頑張ったけどね・・

しかし、買わないと来る武豊、買うと来ないな、トホホ・・・

私もゲート練習からやり直しです。



関連記事

コメント

非公開コメント