2014/05/05

らーめん つの旨 1@群馬県前橋市

らーめん つの旨
店舗
群馬県前橋市関根町2丁目23-2

5月1日 11:04
開店直後に訪問すると、幸い店頭の駐車場は1台分空いておりました。
店に入ると、6席あるカウンターは満席。


券売機
券売機で食券を買い、手前のテーブル席で待ちます。
テーブル席にも箸やレンゲなどが置いてありますが、
タイミングによって使い分けているようです。


食券
小ラーメンに生玉子とカレー粉が私、カレー粉がないのは連れの同僚の分。


トッピング
20分後、カウンター席が空いたので、そちらへ移動、着席しました。


生玉子とカレー粉
生玉子とカレー粉は先に提供されます。

そして8分後、


小ラーメン(730円)・生玉子(50円)・カレー粉(50円)  ※ヤサイ・アブラ・玉ネギ

丼横
とても“小”とは思えないボリュームです。
トッピングヤサイオなしの同僚の小ラーメンも、山はこれよりやや少ないくらいなので、
“マシ”はひとつかみくらいなのかな。

そういえば、ファーストロットのお客さんが、ふたりほど「マシマシ」と言っておりました。
通用するのかどうかはわかりませんけどw

さて、頂上には


あぶら
アブラです。
美味しそうだと思うでしょ?
この脂の甘味とスープ、そしてヤサイとは非常に合うんですよ。
あ、思わない方は目を背けてくださいww


ヤサイ
で、ヤサイ。
これを食べないと、麺を食べるどころかスープに行けません(笑)
なかなかのボリュームですが、デフォで注文した同僚の者と比べると、
軽く一掴み分くらいの差があるかな。


肉
ブタさんはこの厚み。
軟らかく煮こまれ、脂身も多すぎることなく、うんまいw



スープは・・・
ヤサイと肉を片付けているうちに、写真を撮り忘れましたm(__)m

あまり乳化していないスープはややライトな豚骨醤油。
タレの香りが食欲をそそります。
旨みはそこそこ、塩気は強すぎず、オジサンにはちょうどいい。


麺2
麺は平打ち気味の太麺。
モッチリ軟らか、しかし噛むと中に粉感があって、美味しい。
麺量は300g(と、どこかに書いてあったような)ということですが
これは偽りのない数字、かなりのボリューム。
食べても食べても、出てきます(汗)



投入
生玉子には豚を入れて食べ、その後ドンブリへ。
旨いぞ。


カレー粉投入
最後にカレー粉を半分ほど入れて味を変えて楽しみました。
(残り半分は同僚へ)

10分ほどで完食。


 ごちそうさま 


美味しかったし、ボリュームにも大満足。

こりゃ、また来なければなりません。

関連記事

コメント

非公開コメント

>ランディさん

コメントありがとうございます。

> ダメ、絶対。

たしかに薬物なわけだがwww

>マシマシくん さん

コメントありがとうございます

> ナメコマシマシとオノコマシマシ
> どちらがオススメですか?

オススメはわかりませんが、オ〇コマシマシが好きですw

>にゃーGoさん

コメントありがとうございます

> 僕もその日に、ファーストロットでつの旨食べました。
なんと、そうですか!
そのドンブリの盛りを見て、ビビっていたオサン(達)が私ですm(__)m


> 僕のポンコツの舌では、二郎と見分けがつかなかったです。
似てますよね。私にもわかりません(笑)
だって、本物の二郎は年に1回くらいしか食べていないんです(汗)

>ラーメン本執筆中さん

コメントありがとうございます。

> もっと インパクトのある 主張があれば 仲間にいれてあげても良いわけだが。

インパク知ではだめでしょうかなわけだがw

というか、興味ないわけだがww

ダメ、絶対。

ナメコマシマシとオノコマシマシ
どちらがオススメですか?

こんにちは。

僕もその日に、ファーストロットでつの旨食べました。
僕のポンコツの舌では、二郎と見分けがつかなかったです。

もっと インパクトのある 主張があれば 仲間にいれてあげても良いわけだが。