2013/12/13

上田温酒場 1@大阪府福島区

12月某日

昼過ぎに春日井の仕事を終え、翌日神戸で行われる会議に備え、大阪・野田に宿泊することに。
なぜ、神戸でも三宮でもなく、大阪で、そして野田にしたかといいますと、
面白そうな居酒屋がありそうだから 交通の便がよく、安めの宿がとりやすかった からです。
 
その、お目当ての たまたま近所で見つけた店がこちら


上田温酒場
店舗
大阪府大阪市福島区大開2-11-4

ネットよれば、うえだおんしゅじょう、と読むようですね。

開店3分前に店に着くころ、雨が降り出しました。
軒下で待っていると、「どうぞ」と早めに店内に入れてくれましたm(__)m

おばさま一人が、コの字型のカウンターの中にいらっしゃいます。
念のため「この席、常連さんの指定席ということはないですか?」と確認。
「どこでも大丈夫ですよ」と言われて、カウンター奥の端席に座ります。

店内を見回すと、歴史ある店内に色あせたお品書き。
「ブログを書くのに写真を撮ってもいいですか?」と聞きますと
「いいですけど、ご自分の注文されたものをお願いします、まわりは撮らないでくださいね」とのことでした。

もし、店内の雰囲気をお知りになりたければ、↑ (店名)のリンク(=食べログ)など、
他のネット情報でご確認ください。


かんとうだき(おでん)と、どてやきがメインのつまみ。

温酒場、という名前ですし、雨にぬれて結構寒かったので
私としては珍しく熱燗を注文。

忠勇 燗
「忠勇」(250円)です。
※値段は私の記憶によるものなので、間違っていたらごめんなさい(以下同じ)

おお、温まります。
うんまいw

燗酒がうまいと思えるような歳になったということでしょうか(笑)
   

がんもほか
厚揚げ(100円) ひろうす(150円) 野菜ボール(100円) 
ダシが利いていて、うんまいw

「厚揚げ」と一緒に初耳の「ひろうす」を注文したところ、同じようなものだけど?とのこと。
ええ、かまいませんよ。


ひろうす
中身が入っているのが「ひろうす」で、「がんも」と同じようです。


どてやき
どてやき(350円)


きんちゃく
もち入り袋(200円)


だいこん
だいこん(100円)


たまごは半熟
そして珍しいのが、たまご(100円)
半熟での提供なんです。
塩を振って食べるのが美味しいのよ、とおかみさん。

もちろん、素直に従いますよw

結局、熱燗を4杯も飲んでしまいまして、会計は2250円。

ここではちょっと飲みすぎ&食べすぎかも(笑)


ごちそうさま  

美味しかった。
機会があれば、また来ます。


さて。

早い時間だったのでもう一軒、と思い、
ホテルのそばにある、たこ焼き屋を覗くと・・満席。

キラク
キラク

席が空きそうもない雰囲気だったので、お土産を買って帰りました。


たこ焼き9個+1
9個入り350円で、さらに1個サービス!

安くね?


こちらも、次回は飲むために入ってみたい店です。

関連記事

コメント

非公開コメント

>通りがかり さん

コメントありがとうございます。

> 「かんとうだき」ではなく「かんとだき」やね、大阪では。

なるほど、覚えておきます。ありがとうございます。
関西弁だとそのほうがしっくりきますかね。

でも、こちらので壁にに貼られているメニューには、
たしか、ひらがなで「かんとうだき」と書かれていたので、
そう思い込んでおりましたm(__)m



はじめまして、通りがかりです。
「かんとうだき」ではなく「かんとだき」やね、大阪では。