2013/11/17

満天屋 白岡店 1@埼玉県白岡市

満天屋 白岡店
店舗2
埼玉県白岡市西5-1-3

11月17日 

2ヶ月ほど前にオープンしたこちらへ。
栃木の満天と非常に関係が強そうですが、
店名が満天とはこれ如何にw
実は、満天家のH.P.を見ても、こちらのことは載っていないのですよ。

ちょうど12時の訪問で、空いていたテーブル席へ。

では、栃木の満天家と関わりがあるのかないのか、確認してみましょうかね。

店のマーク
満天家は
ma-ku.jpg
ですが

満天屋は
満天屋マーク
と、ちょっと違いますね。

メニューは非常に似ておりまして、麺類の値段設定に至っては、ほぼ一緒。
席に置いてあるメニューの背景に写っている店舗は“満天家”ですから、間違いないのですけど、
それを強調するところがないのはちょっと不思議な気もします。


まあ、とにかく食べてみましょう。

では、以前満天家で食べたものと同じ・・・と見せかけて


ふわとろ辛玉みそらーめん・餃子4個付(1030円・・と見せかけて税込1081円)
+小ライス(80円・・と見せかけて税込84円)

先に到着した
ギョウザ
慌てっぷりな餃子の並び具合は、
やっぱり、焼き具合甘し。。


丼
で、ラーメン

ふわとろな溶き玉子に覆われて~w


スープ
宮味噌使用という点は、満天家と同じ。
ちょっとピリ辛なスープは、ふわとろ玉子効果でマイルドに~w


麺
中太ストレートな麺は、モッチリ。
表面がツルツルした感じなのでスープから抜けるような気がするは満天家の時と同じかな。


具
具は、もやしやニラ、ネギ、小間肉など。
ふんわり玉子に合っていますよ。

ちょっと玉子で単調になるので、後半

黒大豆みそラー油の説明 黒大豆みそラー油
黒大豆みそラー油を加えてピリッと味変化。


そして小ライス。

小ライス
これはもちろん

施工後
ふんわりギョウブランw

ということで、おいしくいただきました。

口直し
激辛メニューなのでサービスという、口直しのアセロラドリンクが付きました。


 ごちそうさま 


トータル1165円。
今度来るときは、単品だな。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


かみさんは“満天家”で食べたのと同じものを注文。

辛麺(激辛)
辛麺激辛
キムチ由来の辛さが、こちらのほうが控えめ。
激辛というほどではないかな。との感想でしたw


さて、会計の時、お姉さんに
「こちらは、とちぎのまんてんやさんの系列なんですか?」
と、聞いてみましたよ。

「はい(ニッコリ)」
「“や”の字が違うんですね」
「・・・??(ニッコリ)」

むむ。
もしや、プリントミスなのか?それとも??(爆)


ともあれ、休日の昼ということもあってか、広い店内は私たちが入ったあとすぐに満席となり、
退店時には店内待ち15人以上でした。
なかなかの繁盛店となっているようです。

満天屋は満天家ではなく満天屋でいいのかもしれませんw

メニュー(味噌)
メニュー

メニュー(その他)
その他のメニュー

メニュー(ギョウザなど)
餃子などのメニュー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


※後日わかったのが、こちらは宇都宮の「餃子の満天屋」の埼玉進出店ではないかということ。
マークもそちらと同じようだし。

で、その、「ぐるめぱど」に掲載された店舗紹介ページはこちら
http://gpado.jp/shuto/saitama/11246/115/1110-00004098-000/shop_top/

満天屋 白岡店」

「栃木で人気のこだわり無添加味噌らーめんの満天家が埼玉にも1号店をついにオープン! 」

「平成13年に美味しい味噌らーめんを作りたいという想いでスタートした満天家
地元宇都宮では認知度も上がり、ついに別天地である埼玉県に満を持して進出!スープの命でもある
当店自慢の天然無添加完熟味噌と自家製麺工房でつくられた栃木県産ブランド小麦「ゆめかおり」や
「タマイズミ」をブレンドしたもっちもち&ツルリ食感で、きっとやみつきになりますよ♪
創業300年以上の老舗味噌メーカー「青源」の宮味噌が作り出すくせのないさらりとしたスープがくせになり、
地元栃木では多くのファンを獲得しました。今回、埼玉1号店として白岡の県道
3号線沿いで、自慢のみそらーめんを御提供いたします。」

「御来店ありがとうございます。店長のはしもとです。
この度「みそら~めん・餃子の満天屋」の埼玉1号店として、この白岡市に出店させていただくことになりました。
地域の皆様に愛されるような店づくりをしていきたいと思っています。
いつどんな時でも「1分の1」の想いで調理・接客をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。」

しかし、同じページや文章の中で「満天家」と「満天屋」が使われていて、
やっぱりよくわからないわけだが(核爆)



関連記事

コメント

非公開コメント