2013/09/01

味噌麺処 花道 1@東京都中野区

9月1日

休日は、かみさんを連れて激辛・・ということで、
水戸へ遠征して麺Glitterの「超激辛冷やし」を食べようと家を出た直後に・・
なんと、「前日まで営業していたはずが、着いたら閉店していたじゃねえか!(←一部脚色有り)」
という友人のツィートが飛びこんできました。

水戸方面の代打は考えておらず、頭に浮かんだのは、某サイトにおける味噌の上位店。
都内にありますが、春日部からでも日曜日だと片道1時間くらいで行けます。

13時ころの到着。すぐ近くのコインPへ車を置いて店頭へ。


味噌麺処 花道
店舗
東京都中野区野方6-23-12
年季が入ってきた色合いの暖簾をくぐり、扉を開けてみると
2人用テーブル席ひとつだけが空いており、食券を買うとそこへ案内されました。


券売機
券売機

食券をお姉さまへ渡すと
野菜大盛とニンニクが無料ですが」と言われましたよ。
むむ、予習不足。
ここは二郎系だったっけ?
とりあえず野菜だけをお願いして待つこと10分で提供されました。


味噌つけ麺(810円) + 麺大盛(100円)
味噌つけめん
麺の黄色とモヤシの白さが鮮やかです。
野菜大盛、という言葉に正直ビビりましたが、そこは逆に拍子抜け(笑)


つけ
「味噌ラーメンのスープをベースにつけ麺用に若干油を加え味を濃くいたしました。
特注太麺に負けないスープです。」
という謳い文句の味噌つけ麺。

豚骨や鶏の動物系が濃厚で“どっしり”と居座っておりまして、


つけ2
相対的に味噌はやや控えめな印象。
もっと味噌味噌しているのかと思っておりましたが、これはこれでありでしょう。


麺
麺は風味もよく、美味しいですよ。


麺2
つけ汁を通してズビズバズビw
確かに濃く、そして塩分も高し。


肉
肉はこんな感じのものが3枚。
脂身が多くて、これは負担大。


メンマ
ぶっといメンマ


 ごちそうさま 

塩分が気になり、スープ割りはしませんでした。
割ったら飲んじゃうでしょうからね。



さて、かみさんが食べた

辛味噌ラーメン(800円)
辛味噌
スープを一口味見したところ、
私の味噌よりも“味噌”らしさがあると思ったのですが、
同時に塩分もより高く感じます。

かみさんの感想も

shokka.jpg
出たなショッパー!!
とぉ~!! 

加えてかみさんの肉は私のものより、もっと白くてアブラー隊向き。
ちょっとかじって、私へパスが来ましたよ(笑) ップ

ということで、
完飲派のかみさんですが、

onokoshi_20130903233913ec0.jpg許す!

夫婦そろってショッパさとアブラっぽさが堪えたのは
まあ、歳のせい、、、なのかしら。


メニュー
メニューはこちら


あつもりできます
あつもりできます
関連記事

コメント

非公開コメント

>エロマニアコビンさん

コメントありがとうございます。

> リンクハラセテイタダキマシタ。

こちらこそ、よろしくお願いします。

リンクハラセテイタダキマシタ。