2013/08/04

中華四川料理 天山 1@栃木県下都賀郡岩舟町

8月4日
この日は休みということで、前夜から行く店を検討。
当初は都内遠征を考えていたものの、雲行きが怪しいため
洗濯物のことを考えて近場の店にすることに。
そこで、ある方からお勧めされた岩舟の・・・


天山
天山広吉!

・・じゃなくて、



中華四川料理 天山
店舗
栃木県下都賀郡岩舟町静戸1647-2


う~ん、この外観。

事前情報なしで来る。しかもかみさんを連れて・・・は・・難しい・・ですよね?(笑)


店に入る路地に置いてある看板も

赤い看板
ほら、工事用の看板を流用したものだし・・・


看板
店手前の看板も、こんなだし・・・(笑)


プレハブの店内は、厨房とカウンター6席。
左奥の「社長室」と書かれた扉はトイレでしょうか(未確認)


メニュー
右奥に貼られたメニュー。

先客は4名。つめていただいて、私たちが座るとカウンター席は満員御礼。
一切事前情報なしでしたが、かみさんは予想通り芝麻醤麺(ゴマ味噌麺スープ無し)を選択。
なら、私は担々麺にしましょうかね。


担々麺 700円
担々麺
これまで食べた多くの担々麺と違い、赤みがありません。
具の雰囲気もあわさって、一見、味噌ラーメンとも思えるようなビジュアルです。


スープ
スープは、基本となるスープにゴマとラー油や花椒で味と辛味をつけているのかしら?
むむ。味は好きだけど分析は苦手(汗)
辛さは、飲む分には強くないのですが、あとから効いてくるタイプ。
それも、家に帰って某所で座りながら、「ああ、辛かったんだ(ツーン)」と実感するタイプ(爆)


麺
黄色みの強い中細麺。
ややヤワ目の茹で加減と思うのは、個人的嗜好の問題でしょう。


具
具はモヤシ、ニンジン、挽肉、ニラなど。
ね?
味噌ラーメンっぽいでしょ?

しかし、この旨さと辛さのバランスが、
辛さに弱い私にとっては絶妙でして。

つい、つい・・完飲しちゃいました(笑)


 ごちそうさま 


芝麻醤麺(ゴマ味噌麺スープ無し) 750円
芝麻醤麺(ゴマ味噌麺スープ無し)
平たい皿に乗った麺と具。
そして結構な量の液体が入っています。
スープなしということですから、液体はゴマ味噌、ということになるのでしょうか。

よく混ぜてくださいね、というおかみさんの言うとおり、

まぜまぜ
まぜまぜ まぜまぜ

すると、あら不思議。
あっという間に汁が絡んで、なくなります。


まぜ後
混ぜた後を小皿に移すとこんな感じ。

汁っけが全くなくなりまして、香辛料が効いた焼きそばのような感じになります。
ちょっと味見をしましたが、辛さは中くらいでしょうか。
かみさんからすると中の下くらいのようですw


感想を聞くと、「美味しかったよ。麺がもう少し硬ければな~」ということでした。
むむ。
もう、ホントに、そろそろネタ切れっす。。。
関連記事

コメント

非公開コメント

>ランディさん

コメントありがとうございます

> 私はナビ使っても通りすぎました(*_*)

皆様の記事をよ~く読んで予習してから行きましたので、
すぐにわかりました。
ありがとうございます(笑)

私はナビ使っても通りすぎました(*_*)