2013/07/15

鶏白湯麺 蔭山 高田馬場店 1@東京都新宿区

前店を出て、一行は高田馬場駅方面へ。
「駅までに、数十軒のラーメン屋がありますよ」
という先生の言葉に驚く田舎者でし。

どこへ行くかを考えていなかったのですが、
数軒をなんとなくスルーした後に、目に止まったのがこちら。

鶏白湯麺 蔭山 高田馬場店
蔭山
東京都新宿区高田馬場1-4-18

先生によると、あの有名な高校生(当時)がお気に入りで、鶏白湯の店とか。
なら、入ってみようかな・・・。

ここは私と先生の二人が入り、ほかの二人は別の店へ。

7月14日 12:10


券売機
券売機で食券を買って、カウンター奥の席へ。

時期的なものなのか、場所柄なのか、先客、後客の3組が、
全て小さなお子様連れの、美人の若いお母様ですよ。

外観や内装だけではなく、客層もオサレなのか??


などとオロオロしていると、想像以上にオサレな一杯が運ばれてきました。

鶏白湯塩つけ麺(850円)
つけ麺
お? サラダ付きか?(゜o゜)

違いますよねm(__)m



つけ
つけ汁は濃厚な鶏。
つけ麺ということで、味が濃く、塩ダレも強めになっていますねかね。
(ラーメンとの比較ができないので、はっきりせずスマソ)
これはなかなかうんまいですよ。
塩気が苦手な方には合わないかもしれませんが。


麺
浅草開化楼の太麺縮れは硬めの茹で加減。
硬いのが口の中で暴れる・・・この、暴れん棒将軍が若い女性を虜にするのか?(ウソ)


麺2
つけ汁の絡みは、想像通り良好。
濃いスープだけに、太い麺というのが良いようです。


さて、問題です。

次に掲げる写真を見て、田舎者のオッサン(私)が、何を悩んだか。

5つ答えよ。



具

①レタスは、そのまま食べるのか、つけ汁に浸すのか、麺を包むのか。
②トマトは、そのまま食べるのか、つけ汁に浸すのか、麺に包むのか。
③レンゲの上の玉子は、そのまま食べるのか、つけ汁に浸すのか、麺で包むのか。
④レンゲは、玉子を食べるか、どけるかして、先に使うべきか否か。
⑤具をつけ汁に投入する、あるいはそのまま食べるタイミングは、いつがいいのか。

てなもんで、オロオロしながら麺を食べること小一時間(ウソ)


具2
ほぐした鶏肉(ムネ肉)は、つけ汁に入れて食べる分には良いけど、
くぐらせた麺に絡めるには食感的に合わないような気もするし・・


具3
レタスは単独で食べても美味しい気もするし・・・


と、悩みは持ったものの、実はこの味、ストライクでございます(笑)

実は、食べ始めてすぐ思い出したのが、地元に出店して半年ほどで撤退した「伍鉄」。

麺は浅草開化楼(蔭山)と菅野製麺所(伍鉄)、
つけ汁が中華寄り(蔭山)とポタージュ寄り(伍鉄)に感じたという違いはありますが、
太麺のしっかりしたボディの麺を、鶏濃厚でやや塩気の強いつけ汁で食べる、という点が、
それを思い出させたのでしょう。

ま、単に、あんまり鶏白湯つけ麺を食べていないだけだとも思われるわけだが(木亥火暴)

でも、オレ、この味好きだよ。

藤達也


 ごちそうさま 

今度ラーメンを食べに来るときは、もう少しオサレな格好で来ます。


メニュー
メニュー


関連記事

コメント

非公開コメント