2013/01/14

麺屋7.5Hz 若江岩田店 1@大阪府東大阪市

1月13日

この日は早朝から移動して東大阪へ出張。
昼前に着いたので、現場に入る前に昼食をと思い、携帯から某サイトで近所を検索したものの、
関東と違って関西はレビュー数が少なく、あまり情報がないのね。。。。

ということで、数店のうちから選んだのが

麺屋7.5Hz 若江岩田店
店舗
大阪府東大阪市西岩田2-6-21

支店名が書いてあるのでチェーンかF.C.のようですが、
FMの周波数っぽい名前が、ナウヤング(共に死語)向けのスタイルか、と思いまして(笑)

11時過ぎ、先客3。
店内は狭く、厨房をL字型に囲むカウンターのみです。


メニュー  メニュー2
メニューはシンプル、デフォの設定は安め・・なんですが、
中華そばは中盛が+150円、大盛が+250円なのに、チャーシュー麺は中盛が+50円、大盛が+100円と
ちょっと不思議な値段設定です。

お、24時間営業ですか。


チャーシュー麺・並(700円)+シナチク増量(50円)
丼
うぉっ・・・
あふれんばかりのシナチクの上には青々としたネギが乗っていますが、
特徴は何といってもスープの色ですね。
黒いっす。


su-pu.jpg
そのスープは、何というか、カエシ先行。
先行というよりも、ツインターボくらいの逃げですぜ。
あくまでもツインターボであってサイレンススズカではないのは・・・(ry
そして、ショッパ~の怪人でやす。

麺
麺は丸みのある太麺。
啜ると言うより、食べるという表現が合う、ごっつい麺です。


麺2
スープ色に染まっているのでしょうか。
やや硬めの茹で加減で、食べごたえがあっておもしろい。


チャーシュー
チャーシューは炙りが強いような苦味のある、ほぐした小ぶりなものと


チャーシュー2
パサ系なものが多数。


ネギ
ネギは苦っ


 ごちそうさま 


もちろん、味が同じというわけではありませんが、
印象的には“竹岡式”が頭に浮かびました。


卓上は胡椒
卓上も胡椒のみとシンプル


麺箱
麺は「栄大号」だそうです。

---------------------------------------------------------------------------

店名の由来を知りたいと思い、帰ってから調べると、H.P.があり、
7.5Hzという店名の由来もわかりました。
そして、お店の大将がこんなことを書いているのを発見。

>この世の中男と女だけですわ。
>半々ですわ。
>うちの中華そばも めちゃうまいかめちゃまずいって
>言われるかのどっちかですわ。
>半々ですわ。

関連記事

コメント

非公開コメント

>ランディさん

コメントありがとうございます。

> これが本場の“大坂ブラック”なんでしょうか!?
もっと怖いものだと思います(爆)

これが本場の“大坂ブラック”なんでしょうか!?