2011/04/23

栄勝軒1@千葉県野田市

たまには(勤務先のある)地元・野田の店へも行かなくては・・・

栄勝軒
栄勝軒外観
千葉県野田市中野台鹿島町23-15
ショッピングモール・ウニクスそば

以前「大黒屋本舗 野田店」だった店が、看板をかけかえて再スタートしたという情報を目にして行ってきました。

前店の時のイメージが残っているので、正直不安はありましたが・・


平日、14時少し前の訪問。

入口左手の券売機をはじめ、基本的なレイアウトは変わらないようです。

券売機


麺量の案内がわかりやすく書いてあります。

麺量案内

せっかくですから、つけ麺を特盛で逝っちゃいましょうかね。

実は、東池袋系のつけ麺はあまり食べたことがありません。
自宅のある町に1軒、その系統のお店があるのですが・・(汗)


店内は静かで、厨房内にも前回前店訪問時のような、軽さというか、騒がしさはありませんし、
もちろんオーダーミスが生まれそうな雰囲気もありません。

良い緊張感の中で黙々と仕事をしているように感じられます。


店内各所には、山岸御大の写真や、つけ麺についての説明が貼られています。
つけ麺のきっかけ

なるほど。


つけ麺の食べかた

ふむふむ。


ただ、店の看板といい、店内の案内といい、ちょいと御大を使いすぎのような気がします。

ここ、山岸さんの店だっけ?(笑)


そして、メニュー。

メニュー

光ってしまい、すみません。


つけ麺は時間がかかります、との断り書きのとおり、
後客のラーメンに遅れること3分、私が席に着いてから8分ほどで提供されました。


「つけ麺」(700円)+「特盛(500g)」(150円)
つけ麺特盛(500g)




つけ汁

つけ汁は大き目のドンブリにたっぷりと入っています。
つけ汁が少ないと「足りなくなったらどうしよう」と不安になりますから、これはいいですね。
逆に、「スープ割を飲み干せなかったらどうしよう」という不安が湧きあがるくらい(笑)


そのつけ汁は、魚介系の効きは控えめで、やはり酸味が強めに感じます。
実はこの酸味が苦手なはずなのですが、このつけ汁は大丈夫でした。
バランスが私向きだったのでしょうか。
今のところ、積極的に食べたいと思う味ではありませんが、これはアリな味でして、
説明書きにある通り「三度食べたら」好きになるのかもしれませんw
ちょっとピリっときますけどね。




麺

アップ

麺appu

麺はストレートの太麺。
水切りもしっかりとされており、麺だけを食べて弾力ある食感と香りを楽しむことができます。
つけ汁の引き上げもまずまず。

チャーシュー

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、ナルト、のり。
豪華さはありませんが、“特製”でない以上は仕方ないところでしょう。

完食 8分

8分ほどで、麺完食。

で、スープ割を所望。

スープ割

魚介の味と香りが増されたソレを飲み干して、満腹、満腹。


 ごちそうさま 


次回はラーメンを食べてみましょうかね。



店の外、駐車場側の壁

駐車場には前店の時の看板が

前店(大黒屋本舗 野田店)のときに道路側に掲げていた写真看板が無造作に立てかけられていました。

山岸御大の笑顔は、本当にラーメンを愛しているという雰囲気で、好きです。






関連記事

コメント

非公開コメント