2012/01/15

チーナン食堂1@福島県いわき市

チーナン食堂
全景
福島県いわき市栄町66-30

1月15日

この日は、ラーメン好きな方たちと小名浜へ。

前夜の接待で二日酔いの私。車中での会話には思い出したように参加する程度・・スマソ

荷物のように運ばれること3時間ほどで目的地へ到着・・スマスマソ


小名浜における目的地は2ヶ所あり、こちらへの訪問を希望したのが私と群馬の姉御の二人。

残る四人は近所の味世屋食堂へ向かいました。

10:47

開店時刻前ですが、すでに暖簾が出ています。

姉御と二人で店に入るとさすがに先客は、なし。

しかし、11時前になると続々とお客が・・・ん?

引き戸を開けて入ってきたいかにもラヲタな方々は、先ほど分かれた麺麺。いや、面々。

「店・・更地になっていた・・」

電話をしてみると『お客様のご都合により取り外していあります』とのこと。

どうやら休業中のようです。再開されることを期待しましょう。


さて、こちらのメニュー。

メニュー

ラーメンは安めながら、ほかは世間一般的といえそうな値段設定かな。

400円という「ライス(大)」が非常に気になります(笑)が、一人で注文する勇気はございませんw


他にもこんなセットメニューがありますので

メニュー2

この後を考えなければ、半カレーとのセットと逝きたいところですが、次もその次もあるので・・・



10分ほどで運ばれてきました。

チャーシューメン(750円)
チャーシューメン

溢れそうなくらい、スープがたっぷりと張られています。


スープ

スープは細かいアブラのショットガンフォーメーション。

啜ると、動物系がズシっときますね。

“古きよき食堂”ということから個人的にイメージしていた中華っぽさがないのに驚き。

(まったくもって勝手なイメージですが)

こりゃあ旨いじゃないですか。

グイグイ飲みたいのですが、レンゲがないので、丼を持ち上げてゴクリ。


麺

白い肌の麺は、スルポソパンで、香りもイイ。


チャーシュー

やわらかチャーシュー、うんまい


メンマ


多めのメンマが歯ごたえシャキッ


スープをもっと飲みたいところでしたが、自重、自重(笑)


 ごちそうさま 


これは、“食堂のラーメン”に対するイメージを改めなければならないようです。


麺箱

店頭に置かれた麺箱には、地元小名浜にある諸橋製麺所の文字。


暖簾

ラーメンは美味しいし、雰囲気もいい。

また来ますね。

次回は味噌ラーメンかな。


ということで、一行は「いわき・ら・ら・ミュウ」へ立ち寄った後、次の店へ・・
関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック

チーナン食堂 2

チーナン食堂 タンメン 700円 【いこうぜフクスマ】 小名浜港に到着したのは10:45  非常に素晴らしい時間配分ではありませんかw 「チーナン食堂」と「味世屋食堂」の2グループに別れて行動...