2011/09/20

へーちゃんラーメン 1@埼玉県越谷市

ヘーちゃんラーメン
店舗外観

埼玉県越谷市南越谷2-2-6 


9月19日の夜。

久々に山盛り系のラーメンを食べようと思って訪問。

開店直後に行って以来、2年ぶりになります。


店舗外壁  外の貼り紙

うおっ。ゴチャゴチャしとる!(爆)

なんだかよくわからないけど言いたいことを全部書いてある

かのように貼り紙がベタベタ(笑)

といっても、いい年こいたオサンが、それを一人でじっと読んでいるのもおかしいので、

とりあえずデフォを逝きましょうかね。

プラ券式券売機  

プラ券式の券売機が店舗外に置かれています。


神龍とは

この“神龍”なるメニューも気になったのですが、

貼り紙に“日本一太い”とか“生麺300g”という謳い文句が書いてあったのと

900円という値段に(量が多いのかもしれないと)ビビってしまい、初志貫徹。デフォを逝くことにしました(笑)

すると、目に入ったのが・・

本日の豚

“本日の豚”という貼り紙。

思わず「ぶた」(150円)を追加してしまいました。


なお、こちらの店は

大盛は+100円で無限大


大盛は+100円で無限大、とのことです。

もちろん、自分が食べられると思われる範囲で注文するものでしょうけど、

大食漢歓迎ということでよろしいかとw

あ、わたしはもちろん、普通盛です。


食券を渡し、カウンタ席についてすぐ気が付いたのが、上方からの涼しい風。

おお!! クーラーがついている(爆)

そう、初訪問の時も夏場でしたが、たしか扇風機があっただけでした。。。


店内には

へーちゃんラーメンの説明  店内貼り紙

ラーメンやトッピングの説明のほかに、

フードファイターたち

有名フードファイター達や、評論家の方の写真が所狭しと張ってあります。



さて、10分ほどで私のラーメンの到着。


ヘーちゃんラーメン(650円)+ぶた(150円) ※ぶた=かしらを選択
丼(表側) 
正面から見るたところ


丼(側面上方から)
側面上方からみたところ

なかなか立派。いい盛りですね。

そして目立つのが大きな肉。

麺

麺は、この手のラーメンとしてはやや細めに感じますが、

やや硬めに茹でられて、食べ応えがあります。


肉でか

デフォの肉は、大きなものが1枚。

開店当初の“ブタ”とはだいぶ変わりましたが、この肉はしっとりやわらか。

ボリュームもあるし、なかなかいけますよ。


かしら肉

これが本日“おすすめ”のぶた、かしら。

味がよ~く染みていて柔らかく、トロットロでうんまいw

この肉の旨みがスープに染み出す感じもあるので、これはお勧めです。

ただ、脂っぽいのが苦手ではない方に、かな。



ヤサイ

ヤサイはキャベツこそ見えていますがほとんどモヤシ。

でも、シャキシャキの茹で加減で、特に不満はありません。

「ヤサイマシ」をコールした者として十分満足できる量です。


4分後

食べ始めて4分ほどで、肉、野菜がなくなって、あとは麺を片付けます。


スープ(後半)

スープがやや弱いので、後半は物足りなくなりました。

これはカラメで対応できる部分とそうはいかない部分があるかな。



9分ほどで麺と具を完食。

ごちそうさま 9分

 ごちそうさま 



こちらは、「あの二郎に惚れた」などというキャッチフレーズを打ち出して開店し、

それが二郎ファンから批判されたようにも聞いています。

とはいうものの、いまや二郎インスパイヤなどといって多くの店で似たようなメニューが提供される時代。

こちらはスタートこそ、そうであったとはいえ、いまや肉を変え、メニューを増やし、

さらに大盛の名に恥じない量を提供することにより、独自の路線を歩んでファンをつかんでいうように思います。

いいじゃないですか。へーちゃんはへーちゃんで。


G系-1

ね?“J系”じゃなくて“G系”だしw


次は“神龍”を食べてみます(笑)



卓上セットは唐辛子と胡椒

卓上セットは唐辛子と胡椒。

関連記事

コメント

非公開コメント

>匿名希望さん

ベタでありがとうございますwww

へ~…w