2011/01/29

らーめん福たけ 市原店 1@千葉県市原市

1月20日 13時ころ

仕事の出先でラーメンを食べることが多い私。
この日は市原方面担当の同僚に同行してこちらへ。

らーめん 福たけ 市原店
千葉県市原市市原252-2

昨年、私が同僚をこちらへ連れてきたのですが、彼はこちらが非常に気に入り、その後何度も行っているようです。

福たけ 看板


行きなれた彼は、写真を撮ろうとしている私を差し置いて、とっとと店に向かって行きます。


福たけ 店舗


昼過ぎでしたが店内は8割以上の客入り。

元気なお姉さまの案内に従ってカウンター席に座り、メニューを確認。


福たけ メニュー

メニューが多くて、悩むな~・・・。


なんて。


嘘です。


最初から狙いはこのメニュー

福たけ フク郎案内


そう、「フク郎らーめん」

福たけ フク郎提供時間変更案内

提供開始当時は夜の部限定で15時から提供だったこのメニュー。

その後、12時からの提供に変更されたと聞いておりましたが、

今や平日の11時からの提供となっているようです。

・・なんだ、開店からじゃん(笑)


※家に帰ってから気づいたのですが、RDBの情報(2011.1.23現在)では、営業時間は11:30~。 
 開店時刻が変更になっているのでしょうね。



ということで、元気印のお姉さまに「フク郎らーめん(大盛・300g)」(800円)を注文。

続けて無料トッピングの「ヤサイとアブラ」を申し出ると、お姉さまから

「ヤサイ多目だとかなりのボリュームですよ。大丈夫ですか?」
と牽制球が飛んできますが、もちろん軽くかわしますw


12分ほどでの提供となりました。


福たけ フク郎 丼


おっと。

・・・・・・思ったより・・・ずっと迫力がありました・・・・・(汗)


福たけ フク郎 丼 正面

その迫力のある山に、背脂が精一杯ビシャビシャ振られて、それがタレている感じがいいですね~。

では、まずはヤサイから片付けましょう。

ヤサイ退避用のお椀がついてきますが、それは使わずに上からいきます。

モヤシ中心ですが、緑のキャベツもポツポツ入っているヤサイは、苦みが抜けるくらいの茹で加減で味良好。

降りかかった背脂が合います。

福たけ フク郎 丼 90秒後

90秒経過。やっと麺が見えてきました(笑)


「浅草開化楼の極太オーション麺使用」ということですが、ぶっとい麺が世の中に多い今となっては、
極太と太麺の中間くらいに思えます。

平打ち気味の麺は熱く、茹で加減も程よくモチモチ感があります。

スープがよくからんで纏わりついてくれます。

福たけ フク郎 丼 麺・具

スープの味は、いわゆる二郎インスパイヤ系の豚骨醤油。

豚感強め、やや塩分強めで、しっかり豚骨醤油なところがウマイ!


福たけ フク郎 豚

豚は大きくて厚いですね~。15ミリくらいはあるでしょうか。

トロッとしつつもツナ感がある、おいしい豚です。

大盛にした麺量は300g。

ちょっとキツく感じる年頃になったようです(笑)

中盤以降は無言で食べ続けて、10分後、ようやくゴール。

福たけ フク郎 10分後

麺と具は完食。スープはこの後少し飲んで終了。

こちら方面へ行った際は、再訪間違いなしです。


 ごちそうさま 




ちなみに、同僚が食べたのはこの日の限定「高田馬場 太麺堂の麺を使用したラーメン」。

福たけ 太麺堂限定(カツオ)

スープはレギュラーメニューから選べるとのことで、彼は「カツオ」を選んでおりました。

美味しくて、ただでさえメニューが多彩なのに、こういった限定を出すのですから、繁盛しているのも頷けます。