2013/05/06

natural taste cafe analog 3@群馬県伊勢崎市

5月5日 21時ころ

伊勢崎出張中で市内に宿泊しております。
部屋で軽く食事を取り、徒歩10分ほどのところにあるこちらへ。


natural taste cafe analog
店舗
群馬県伊勢崎市三光町16-1

昼間でさえ、ラーメン店とはわかりにくいお店ですが、夜はまるで秘密クラブ(笑)


アウェー
そしてアウェーな店内(汗)

一人だったのでカウンターでグラスでも傾けんべ・・と思ったら、
「どうぞ、広いところへ」と案内されてしまいました(大汗)


メニュー
メニューに目を通し


アイリッシュ+チェイサー
アイリッシュウィスキー:ジェムソン(550円)をロックで飲みながら、


生ハムとモッツァレラチーズのクロスティーニ
生ハムとモッツァレラチーズのクロスティーニ(680円)をつまむ。

どうだい、渋いだろ。
でも・・・オッサン一人でテーブル席だと落ち着かないぜ(爆)


何かを語らう友人もいないので、早々に片付けて〆のラーメンを注文m(__)m


メニュー2
未食の「味噌」をお願いしました。

ブォォォッとバーナーの音がしてから程なく提供されたのがこちら。


とりそば(味噌) 880円
丼
しお、醤油と同様、やはり上品な感じの盛り付け。


スープ
このとろみのあるスープ一口飲んで、驚いたのがその味。
味噌ラーメンらしからぬ、というのは大げさですが、
鶏そばの鶏と魚介の濃さが味噌を上回りそうなんですよ。
とは言っても、味噌が薄いのではありません。
なんといいましょうか、自分のイメージ的には洋風のmisoなんです。
これは面白い、そして旨いですよ。


麺
麺は変わらず濃厚なスープに絡む


具
2色のネギが、鮮やかで爽やか。
赤く浮かんだラー油がアクセント。
チャーシューは炙り強めで香ばしい。


ほぼ姦淫
いや~、久々に姦淫しちゃいました。


 ごちそうさま 


また来ますね。

でも、今度は誰か付き合ってくれる人探そうっと・・



2012/08/16

natural taste cafe analog 2@群馬県伊勢崎市

8月16日 

前店を出て、次はこちらへ。

諸般の事情により、どうしても来たかったのです(汗)

natural taste cafe analog
店舗
群馬県伊勢崎市三光町16-1

駐車場が満車で、前の車が出るまで10分くらい近所で待ちました(笑)

メニュー

今回は、メニュートップの「塩」を注文。


とりそば・塩(780円)
丼
シンプルな顔の表面にはアブラ浮かびます。

スープ
アツアツのスープ。
やはり、動物系より貝の旨みを強く感じます。
美味しいですよ、このスープ。
無化調でもはっきりとした味わいは、駄舌には嬉しい限り(笑)


麺
麺は中細ストレート。


麺3
前回同様、パツンとした食感ではないものの、噛み切る食感やスープの持ち上げはいいですね。


鶏チャーシュー
バーナーで炙った鶏チャーシュー。


チャーシュー2
外がカリっと中がホロっと、香ばしくてウマウマ


ネギ、三つ葉、カイワレ
ネギ、三つ葉、カイワレは、押し寄せる動物系をリセットしてくれます。



 ごちそうさま 

次回は残ったメニュー、「味噌」を食べに来ます。



営業時間
営業時間


看板
入口のオサレな看板



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


蛇足

ラーメンを注文して待っていると扉が開き、「こんにちは~♪」「こんにちは~❤」という声。
カウンター席から思わず振り向くと、女性が二人入って来ました。
厨房を覗き、何やら話をされていたので、マスターの知り合いかな。

その7分後、黙々とラーメンを食べていると、また「こんにちは~・・」と女性の声。
マスター、女性に人気だな。
「マスター、先日は・・・」
ん?聞いたことある声だぞ・・・

・・(ブッ)・・(⇐麺を噴き出しそうになる音)

ね、姉さんかい!(爆)

いや~驚いた。
キャンタ・・心臓が縮み上がりましたぜ。シマで呟くときは気をつけようっとw





2012/08/09

natural taste cafe analog 1@群馬県伊勢崎市

伊勢崎で仕事ということで、空いた期間を利用して新店のこちらへ。
群馬のお姉さま重鎮様が逝かれていましたからね。
仕事場にも近いし、気になっておりました。

natural taste cafe analog
店舗
群馬県伊勢崎市三光町16-1

店内へ入ると、アンティークなテーブルや椅子が並びます。
正面にカウンター席があるので、そこへ座りましょうかね。

そして、メニューを確認。

メニュー
メニューはとりそば3種類とシンプル
もちろん、予習済みですけど(笑)


とりそば・醤油(780円)
とりそば醤油
余計なモノがない、いかにも「とりそば」な顔です。

では、早速。


スープ
メニューには、熊本産のアゴ、北海道産の羅臼昆布、帆立、ムール貝などの食材を使っていると
書いて有りますが、この、魚介系がじんわりくる味はいいですね。
甘めの美味しい醤油、これが活きていますよ。美味しいです。
おや、無化調なんですね。美味しい無化調は、好きです。


麺
麺は中細ストレート。
パツンとはいきませんが、やや硬めでグミっとした噛み切り具合はなかなかいいです。
スープとの相性もいい。


海苔巻きもできます
もちろん、海苔巻きw


チャーシュー
大き目のチャーシューは、炙りを入れたものですね。
香ばしくってうんまいw


カイワレとネギ
カイワレとネギ
苦味と清涼感で、より「そば」らしさを感じます。


 ごちそうさま 

これは、塩や味噌も食べてみないといけませんね。
また来ます。



店内
お洒落な店内。
女の子を連れてきたい、そんな店です。


店内2
お洒落な店内。
でも、私はたぶん、作業着姿で一人で来ますが(笑)


かき氷も食べたい
かき氷もあるんですね。



ところで、こちらのお店、場所は「三光町」交差点の角なんですが、知らないと分かりにくい。

「え~と、ナビだとこのへんなんだけど・・・違うのか?」
最初は、店の前を通り過ぎました(汗)
遠くから見える大きな看板や幟がなく、なにしろ
まったくラーメン屋らしくないのですから。
先客の車で、置き看板が見えなかったのも原因の一つかな。
もう少し自己主張してくれてもいいんじゃね?
ここを目指して来る人はいいけど、通りすがりの人が、ここに美味しいラーメンがあると気づくかな~。
目指してきたヒトでさえ、スルーしちゃったんですから(笑)