2012/06/13

ラーメンショップ 飯島 1@東京都小平市

「ラーショを愛する会」のnorizom777です。

最近のラーショ不足を補うべく、通常なら7時すぎに出発すればいいところを
2時間以上も早く家を出て、こちらへ寄り道をしました。

ラーメンショップ 飯島
店舗
東京都小金井市前原町4-11-29

この近辺で、早朝からやっているラーショはこの一軒だけかな。
なお、店頭の提灯に店主さんの名前が書かれていますが、それで「ラーメンショップ 飯島」なんですね。

6月13日 6:15 先客1

内装はかなり古く、そこらじゅうにメニューなどの貼り紙がベタベタと貼られているため、
お世辞にも美しいとは言えません。
でも、ラーショらしくて好きです(笑)


メニュー

メニューは多彩。雑然、とも言えそうですが(笑)


貼り紙

「頑張れ東北」の上に貼られていた“夜だけの裏メニュー”が気になります。
“夜”が何時からなのかが、また気になったりします(笑)


火曜日はラーメンデー
火曜日はラーメンデー。

ラーメンのみですが、サービス価格で提供されます。
生憎この日は水曜日。通常価格なので、ネギラーメンをお願いしました。
なお、こちらは「セルフ」で「前金」です。
高台の上に、釣り銭の入った容器が置いてありますので、お金を入れてお釣りを取るようです。
ようです・・・というのは、この時は先客が一人だけだったので、
店主さんがお釣りを出して渡してくれたためです。


ネギラーメン(580円)   ※お好みはすべて“普通”
丼

ネギ少なめ、海苔小さめ(笑)


スープ

予想通り、“アブラ普通”だと、背脂が浮きません。
これが当たり前と言えば当たり前なんでしょうがね。
でもね、しっかり豚骨に香味野菜、そして醤油ダレでラーショでございますw


麺箱

麺箱はもちろん「○あ」。
この箱を見るとつい、“正統派~”と感じてしまいます。


麺

茹で加減は店主様のサジ加減によるものですが、こちらの“普通”はややヤワメのようです。
好み的にはあと2段階ほど硬めの方がいいかな(笑)
でも、茹で加減、寝かし加減などで、同じ麺でも食感や印象が大きく変わるところは
ラーショ巡りの面白さのひとつといえましょう。


ネギ

ネギは青い部分が多め。チャーシュー片は少なめ。
ラーショと言えばネギ、という方も多いと思いますが、
そのネギでさえ店によって値段も量も味も違うのがラーショですね。


 ごちそうさま 

店構え、内装といった雰囲気から営業時間などなど・・
これぞ昔ながらのラーメンショップ。

今後も、こちら方面へ早朝あるいは深夜に来る場合はお世話になりそうです。


駐車場入り口の案内
店は東八道路の下り線側にあります。
駐車場は手前に案内がある路地を入ってください。
なお、上り線からは中央分離帯があるので、右折できません。


裏の駐車場
店の裏手に駐車場がありますので、「ラーメンショップ」の表示があるところへどうぞ。


被災地へ
こちらの店主さんは、被災地支援にも行かれているようです。m(_ _)m