2016/09/11

山岡家 ひたちなか店 1@茨城県ひたちなか市「

山岡家 ひたちなか店
店舗
茨城県ひたちなか市市毛1083

公私ともに忙しくなり、ブログを更新する気力が失せております。
ええ、 “私” のほうで、飲みに行くのを減らせばいいだけなんですが・・・m(__)m

ということでお盆のころの一杯。
ホテルに朝食がなく、こちらで朝メシです。

朝ラーメン、久々です。


朝ラーメン(400円) + 半ライス(110円)
丼
スープがネギに覆われ、海苔の上には梅干しのペースト。
久々ですが、見慣れたビジュアルの一杯。



スープ
アッサリした豚骨スープ。
しかし匂いは強いので、営業に行くならクロレッツは必要クラスw
生姜も効いて、この手の味が好きなら、うんまいと言えましょう。


麺
細麺ストレートは黄色味強め。
硬めに仕上がっているのですが、ボキ感より
輪ゴム感(?)のような・・
たしか以前も感じたように記憶しておりますすが
当初の麺と同じなん?
自分の駄舌のせいなん?

ということで、握りしめていた50円玉(半替え玉用)を
ポケットにそっとしまったわけです。

モンブランも中止。


ちゃ
チャーシュー、海苔などが入って
スープもたっぷりで400円は、破格だと思うんですが
決め打ちラヲタには評価してもらえないんですよね。

カップ麺に200円を超えるものがある今、
シーピー、シーピー、言うなら最高なはずやけど・・・

ま、麺が好みから外れたんで、いまは推せませんがm(__)m


 ごちそうさま 


また別の店で食べてみます。

山岡家、好きなんでw
2015/09/20

山岡家 館林店 1@群馬県館林市

山岡家 館林店

店舗

群馬県館林市東美園町30-13

伊勢崎へ仕事に行く途中、館林で降りて下道を選択。
日曜の朝ラーメンといえば、ラーショが休みなので山岡家となるわけですが
せっかくですから未訪の新しい店に行ってみましょう。


開店して間もない山岡家館林店ですが、

店頭はしっかりと、ブタクサ!(笑)

早くも山岡家臭全開なわけだがwww

そして狙いは

その名も

この


fc0335f0_1378471529975.jpg 
豚野郎! (「銀の豚」に続き再度登場)

じゃなくて


極豚!!

狙い
濃厚豚骨ラーメンここに極まれり!!

だそうですよw


最新式券売機で食券を買ってカウンター席へ。

ちなみに麺の硬さ以外は調整ができないようです。


極豚・味玉つき(920円)
丼2
極まった一杯が登場!

キワメブタ じゃなくて ゴクブタ だよ


スープ
スープなのでしょうか、ペーストなのでしょうか。
一般的なラーメン店、飲食店ではお目にかかれない粘度の液体w

「背脂大好き系の「超ごってり麺ごっつ」では
似たようなスープを経験しましたが、それは背脂でドロドロ。
フツーの人は食べられないでしょうが、
この極豚のスープは背脂ではないので大丈夫。


スープ2
豚満載ですが臭みはありません。
そこは一般のかたも食べる山岡家ですからね。


麺
極豚専用麺は、中細ストレート。
美味しく、ポソっとした感じが固形的スープと相性良し
山岡家の専用麺って、だいたいがアタリじゃないかと思うくらい
美味しく、山岡家のスープに合う気がします。

※=その限定ラーメンが常に旨いと思う、とか、好みだ、 とかいうことではありません


チャ
小ぶりながら、やわらかいチャーシュー。
スープまみれだけど


味玉
黄身トロリんな味玉も満足できるレベル。
やはり見えないけど(笑)


割りスープがほしいくらいでした。

こんど、つけ麺と併せて頼んで、割ってみようかな・・・


 ごちそうさま 


メニュー名で惹かれて食べましたが
期待を裏切らない一杯だったと思います。




機動戦士山岡家。
次回、限定は何か。


e0084390_23164180.jpg
キミは ドロウマを越えるものを出せるか


次の限定も楽しみにしています
2015/07/22

山岡家 太田店 2@群馬県太田市

山岡家 太田店
店舗
群馬県太田市丸山町1275-1

朝から伊勢崎方面で仕事。
日曜日に群馬で仕事前に食べられる朝ラーメン・・
といえば、いまや山岡家なわけです。


案内
狙いは限定メニューのコチラ。
流行の煮干を、豚骨の山岡家が
どのように取り入れたか、楽しみです。
もちろん、不安も半分ですが(爆)

さて、
ブタクサな店内で提供された煮干しがこちら。


煮干し醤油らぁめん(830円)+半ライス(110円)
丼
山岡家らしい煮干しラーメンだと思えるのは
山岡家のドンブリだからではなく、
具の構成などのビジュアルと、立ち上るカホリからです。


スープ
スープはブタクサに煮干し、
背脂と煮干し、
ザラザラとアブラ、
このバランスが、大雑把ながら絶妙で(・∀・)イイ!!


麺
この限定専用という特注麺は
ツルモチで弾力があり、啜り心地がいいです。


玉ねぎ
玉ねぎは必須
煮干にも必須、ブラクサにも必須(爆)


チャー
チャーシューは厚みがあって旨し。


そして、ドンブリのフチに添えられた赤いヤツは・・


これは
これぞまさに・・・


images_20150807184232d29.jpg たいへんよくできましたなわけだが
辛味噌じゃないですか!

ブタクサ煮干のスープに合いますね。


乗せ
もちろん乗せさせていただきましたが、
半ライスとはいえ山盛りなので、結構破壊力があります。


 ごちそうさま 


山岡家が煮干を手がけるとこうなった、というラーメン。
久々の限定ヒット(個人的感想です)じゃないでしょうか?(笑)
また食べてしまいそうです。

2014/10/18

山岡家 野田店 4@千葉県野田市

山岡家 野田店
店舗
千葉県野田市堤根7-1  国道16号沿い 駐車場あり

完全に体調を崩して記事更新が遅れておりました。
非常につらい日もありましたがなんとか回復。
ロンより証拠、
馬鹿でなない、だから風邪をひくんだ・・などと
苦しい言い訳、いや強がり言っても仕方がありません。
ただただ、日頃の不摂生を反省するしかないようです。

さて。


10月17日 6時
この日は芝刈り。
泥縄で 練習不足を補うのため、日の出から営業している市内の某練習場へ行くと・・・


1413492336242.jpg
はい、練習場にもフラレンジャー!


頭にきてお腹が空いた 時間を持て余しましたため、
早朝営業(24H)している 吉野家 かつや 山岡家に寄ったわけです。


券売機で食券を買い、カウンター席へ


朝ラーメン(400円) ※麺硬め
丼
久々の朝ラーメン。
練り梅の●が気になりますがw


スープ
ライトな豚骨、臭さもライト、残り香もライト(※注 山岡家比)
練り梅干しを溶かして、酸味で朝らしいスッキリ系に
以前は相性がどうかと思っていた梅の、存在感を認めるようになったのは
山岡家さんの策略にはまったか、慣れたか、歳を重ねて嗜好が変わったか。


麺
硬め指定の麺は、弾力があって啜り心地、噛み心地良好。
期待通りでございます。


チャ
デフォのチャーシューは、こんなもん


スープ2
あっさり朝ラーメン、
と言ってもアブラテカテカなのは、山岡家の証でありましょう。



 ごちそうさま 


増税で値上がりしても、まだ400円ですからね。
安いですよ。


こだわり
「こだわり」が置いてありまして、思わず全部読んでしまいました。

そういえば、いつのまにか公式H.P.も一新されておりますね。

いい限定、楽しみにしていますよ、荻原さん! 
2014/07/28

山岡家 太田店 1@群馬県太田市

山岡家 太田店
店舗
群馬県太田市丸山町1275-1

この日は朝から伊勢崎で仕事。
早めに家を出て、ラーショ足利50号店へついたのが6:25・・ん?開店前??
店主さんが出てきて「申し訳ありません、今日は7時開店になってしまいます」とのこと。
間に合いませんので、車で数分走ってこちらへ。
初訪問です。

この時間でも男性3人体制。
“ブタクサ”加減で名が知られるコチラですが、過ぎたクササではありません。
ご安心を(爆)


券売機とポスター
券売機

横には現在売りだし中の「えび醤油」のポスター。
せっかくですからソイツをいただきましょうかね。



えび醤油ら~めん(810円) ※すべて“普通”

えび醤油らーめん
810円ということは、プレ塩と同じですかね。
気合の入った値段なので期待しちゃいますよ。
では、いただきます。


スープ
スープは海老のエキスを溶かしこんだと思われる豚骨醤油。


スープ(海老側)
さらに海老のオイルを加えてエビエビさせております。

この組み合わせが合うと思うかどうかは、もちろん好みの問題。


全粒粉の麺
毎度おなじみ、特製の麺。
今回は全粒粉の麺ですね。
麺が目立ってスープとの一体感がないような気がします。
ええ、もちろん好みの問題です。


チャーシュー
チャーシューはまずまずですが


白髪ねぎ
このネギは、海(海老)を陸に上げてしまう感じと言いますか、
なんといいますか、


なんでだろ、という感じを持ったのであります。


 ごちそうさま 


やっぱりいいところを伸ばすプレ塩みたいなメニューが好きだなぁ。
もちろん、すべて好みの問題ですが。。。

次の限定を楽しみにします(笑)


ところで、食後、胃から沸き上がる○○プは、海老でなくて、かなりブタクサ。
そう、海老の仮面を被ったブタであったのですよ、コイツ。
さすが山岡家、さすが山岡家太田店であったと感じたことは付けくわえておかねばなりません。