2014/11/25

らーめん芝浜 5@群馬県桐生市

らーめん芝浜
店舗
群馬県桐生市相生町1丁目303-1

久々の訪問ですが、仕事の都合でまたまた朝。
「小麦三昧」を食べることができるのはいつの日でしょうか(汗)

前回訪問時よりも「米朝」、「談志」というメニューが増えておりますが、
「米朝」はすでに売り切れ。

ということで、


談志・醤油(972円)
丼
さすが師匠!
端正なお顔立ちでw


スープ
鶏に魚介の旨さたっぷりなスープを
軽いキレがある醤油が引立てるじゃないですか。
前回よりも醤油が目立たないように感じましたが、それは
個人的には好きな方向です、師匠!


麺
パツ感ある自家製麺は、
今日もまた旨しです、師匠!


チャ
上質なチャーシュー、
旨過ぎです、師匠!


チャー丼
そんなチャーシュー丼も


モンブラン
こうしちゃいますが、よろしいですよね、師匠!


 ごちそうさま 


旨かったっす、師匠!


空いていれば提供まで3分程と手際の良さも素晴らしい!

今度こそ、小麦三昧を食べるもんね(棒読み)

2014/09/07

らーめん芝浜 4@群馬県桐生市

らーめん芝浜
店舗
群馬県桐生市相生町1丁目303-1

日曜日 朝
伊勢崎へ行く途中、早起きして仕事前の一杯。
開店直後の訪問で先客2、後客ゾ~ロゾロ。

「朝らーめん」を塩で、そして気になっていたコンフィを一つ。
塩には鶏コンフィが合うようなことも聞いておりますが、那須高原豚でお願いしました。ブヒッ。


朝らーめん・塩(702円)+那須高原豚コンフィ(270円)

丼
今回は、かけらーめんに、トッピングの豚さんが乗っています。
ピンク!ピンク!ピンク!
ビラビラ!ビラビラ!ビラビラ!


スープ
このスープなんですが、

あれ?

思わず、繰り返し飲んでしまいました。
まあ駄舌で記憶力減退なので仕方ないのですが、
こんなに旨かったっけ?(前回が旨くないということではありませんので念のため)

鶏と魚介のバランスが良く、そして濃厚なのにグイグイ飲めてしまう、
レンゲが止まらない旨さなんですよ。
こりゃあ、スープ改良か、良い方向へのブレだと思いましたね。


麺
中細ストレートの自家製麺は今日も健在。
啜り心地、噛み心地とも非常にいいです。


コンフィ
ピンクの豚コンフィは、スープでほんのり色が変わります。
しっとり軟らか、たいへん美味しいですね。
そのままでも美味しいけど、旨いスープに浸して食べるのもまたいい。

最近は塩分控えめを心がけているのですが、思わずスープまで全部飲んじゃいました。


そしてチャーシュー丼。

施工前

謹んで乗せさせていただきますw


施工後
旨い モンブラン 旨い


 ごちそうさま  


この日、この朝に来てよかった、
そして塩にしてよかったと思う一杯でした。

相変わらず昼過ぎに完売するようで、なかなか小麦三昧を食べる機会がありませんが、
近いうちに必ず都合をつけて食べに行きます。




2014/09/01

らーめん芝浜 3@群馬県桐生市

らーめん芝浜
店舗
群馬県桐生市相生町1丁目303-1

日曜日の朝。
前夜は太田で飲み過ぎました。
二日酔いは、食べて治す。これが私のやり方です。

ということで、車で20分ほど移動してコチラへ。
10時からのレギュラーメニューである小麦三昧やつけ麺が未食ですが、
40分も我慢できないと判断、朝メニューで逝きます。

朝ラー後、レギュラー前とあってか、幸い先客1家族様のみ。
カウンターに座ってラーメンを注文。

味玉らーめん(810円)
丼
前回食べたのですが、
体が、どうしてもこの手の、そして醤油を欲しておりました。
感想詳細は前回同様なので、省略いたしますw

なお、朝は同じ値段なら定食のほうがお得感がありますが、
昼に“次”を予定しておりましたので、自重。


スープ
朝の立ち食い蕎麦のように、グイグイ飲めるスープ。
旨し。


麺
自家製のストレート麺も旨し。
やはりこの蕎麦感覚がいい。
スープにもよく合いますよね。


チャー
チャーシューは、前回よりも香りが強かったように感じました。


メンマ
太いメンマはザックリ。

やっぱりラーメンだぁな、と思うわけです。


味玉
味玉は半熟トロリ。
これはほかの具に比べて目立つところはないかも。


 ごちそうさま  


美味しかったです。
健康な朝にももちろん、二日酔いの朝にも沁みるラーメンでした。

今回はタイミングよく、すぐに食べることができましたが、
私の後に2人組、5人組、3人組と入ってきてあっという間に店内満席。
10時過ぎには外待ち発生。

恐るべし、芝浜。
近いうちに、今度こそ小麦三昧を食べに来ます。


看板1
道路際の看板。
税込表示はわかりやすくていいです(笑)
2014/08/15

らーめん芝浜 2@群馬県桐生市

らーめん芝浜
店舗
群馬県桐生市相生町1丁目303-1

ということで、おかわりくんです。
時間差で出していただいたのがこちら。


お醤油らーめん(702円)
お醤油らーめん
思った通り美味そうなビジュアル。
といっても、毎日のようにこちらの記事が上がっていたのでわかっていたわけだがwww


スープ
スープは鶏に魚介なんですが、どちらかというと魚介、節感が勝り、
それを優しい醤油タレが包む感じでうんまいw
浮かぶ油も、上品かつ飲みごたえにプラス。


麺
麺は塩と同じく、自家製の細麺ストレートですから、やっぱり旨い。
醤油に変わっても、スープとの相性は良いですよ。


チャーシュー
チャーシューは2種類。
しっとり柔らかくてうんまいw

※ 光の加減調整が悪くて申し訳ない、もっとピンクですm(__)m


メンマ
そして太いメンマも味付け、食感ともよし。


“乗せた”後の2杯目ですが、最後まで美味しくいただけました。


 ごちそうさま 


いやいや大満足な朝のプチ遠征でした。
会長、ありがとうございました。
煽る会長、早食いですみませんでした(爆)


家に帰ったら、まだ8:30。
さあ、有意義な休みを過ごすぞ、過ごす、過ご、、、眠いぞ・・・

昼まで寝てしまったわけだがwww


看板
ただ、この看板にも“税抜”の文字がほしいと思うのは、
細かい性格の私ゆえでしょうかw


2014/08/15

らーめん芝浜 1@群馬県桐生市

らーめん芝浜
店舗
群馬県桐生市相生町1丁目303-1

最近、北関東方面で話題のこちらのお店。
オープン直後の日曜日に向かっておりましたら、なんと昼前に麺切れ終了のツイート・・・

雑誌でも取材でもなく、地元のラーメン好き、ラーメン好きブロガーさんが、
ここのラーメンは旨い、と自然な流れで発信し続けていることが繁盛につながっているようです。
もちろん、発信しなくても食べに来てくれる大勢のお客さんも、ね。

ということで、麺切れのない朝イチを狙っての訪問です。
しかも、一番乗り。

こんちゃ!(^o^)/ サイタヌから来ました!!
・・・m(__)m

定刻少し前に開店。

メニュー
メニュー

基本メニューは変わらないようですが、サイドメニューやトッピングなどに時折変更があるようですので、
足繁く通っている 芝浜を愛する会の会長 ラーショを愛する会の会長 のブログ
チェックしてくださいね(棒読み)
ちなみにこの日も、常連の会長様がお付き合いくださいました。
アドバイスもいただき、ありがとうございますm(__)m

悩んだ末に注文したのが、まずは

朝ラー定食(702円) 



かけそば・塩
かけそば塩
塩(醤油)らーめんのチャーシューとメンマを抜いて、
チャーシューをライスに乗せたのが朝ラー。
ラーメンと同額での提供ですが、ライスが付くので、
朝ごはんにピッタリというか、委員会狙い撃ちなわけですw

っつうか、このビジュアルだけで逝っちゃう人もいる美しさではないでしょうか。


スープ
鶏と魚介がじんわりと沁みるスープはうんまいw
塩ダレも絶妙で、グイグイ飲めます。


麺
中細~細のストレートな麺は自家製。
スルスル啜れてパツっと切れる、心地よい噛み心地で旨い。
麺量もそこそこでスープも十分。
チャーシュー丼があるので、ボリューム的に不足はありません。

で、その

チャーシュー丼
チャーシュー丼
小ぶりな茶碗ですが、大きめのピンチャが乗っておりますからね。

しっとり、ウマウマ、ごはんを包んで食べてよし、


モンブラン
乗せてよし(爆)

地元群馬・岡直三郎商店の生醤油を垂らしてあるということですが、
チャーシューの味への影響は穏やかで程よい。
そして、写真だといまいちなので乗せませんが、
底のほうのごはんが、その甘ウマな醤油に浸されている加減が、イイ。


 ごちそうさま  


朝からこんなセットが食べられるとは、恐れ入谷の鬼子母神。

実は遠方まで来たので2丁食いなのですが、
開店早々、あっという間に店内満席状態・・・(゜o゜)