2014/02/14

秋芳洞の小ネタ

先日、秋芳洞へ行ったことは書きましたが、そこで買い物をしたきのことなんです。

秋芳洞を出るとたくさんのお土産屋さんが並んでいます。

どこも似たような鍾乳石や大理石、化石の入った石を売っているのですが、
ふと、古びたお店に足を止めました。

私の母くらい(推定)の女性店主に、
「見ていくだけ見ていきなさいよ」と言われたこともあり、同行のタツヤくんと入店。

店内にはサインのようなものも飾ってありますので、それなりに有名な店かもしれません。

鍾乳石は大きさにより100円、300円くらいのものから高価なものまで多数置いてありまね。


鍾乳石
この台座の平らな石に、「平成〇〇年 〇月 〇日  秋芳洞」と彫ってくれます。

(※ なお、全ての写真は、家で撮影したものです)


鍾乳石と化石のキーホルダーを買うことにしたのですが、

目に入ったのが大理石にさまざまな文字が書かれた石。

ちょうど、表札くらいの大きさのものを手にして、

「おばちゃん、こういう石に、こんな書体で、名前を書いてもらえる?」

ちなみに文字入れは無料。

「いいわよ。この紙にに名前を書いて」

奥の机で文字入れをするのはさらに年配のお姉さま。


出来上がりを想像。


理想形 前
施工前


理想形 後
施工後



表札にするかどうかは別として、錘としても使えるかな~。

これ、500円ね。

5分ほどで出来るようなので、その間、店内を一通り見て回りました。

数万円、数十万円する立派な石や化石も置いてあるんですよね。



「お父さん、できたわよ」

と呼ばれていくと


(゜o゜)ガビーン

最終形 最終
      ↑ 苗字が書かれている


しまった! 無地の石を渡さねばいけないのだった!


おばさま「どう? これでいい?」

私「そ・・そうですね。あ・・ありがとう!(汗)」

おばさま「最近は〇〇高校や〇〇高校とか、バスケ部の強いところが来て、記念に文字入れして買っていくのよ~」

私「へえ~。そうなんだ~」(棒読み)


私は野球、かみさんはバレーボールとテニス、子供もバレーボール。

バスケに全く縁がないわけだがww

縁があったとしても、こっ恥ずかしくて置けないわけだがwww

同行のタツヤくんや、他のお客に見られないよう
「おばちゃん、包装は簡単でいいよ」とさりげなく急かして、店を出たのであります。

あとでタツヤくんに話し、そして家でかみさんにも見せて、
大笑いされたことはいうまでもありません。

まあ、なんといいますか、pricelessというか、
いい思い出にはなりましたけど。

「バスケ魂」に「〇〇」(私の苗字)が書かれたこれ・・・欲しい方います?(爆)

2014/02/07

景清洞 1@山口県美弥市

※ 記事のジャンルが『旅行』になっていますが、旅行ではありませんw
  同じくテーマが『国内旅行』になっていますが、旅行ではありませんww


景清洞 ※公式サイト

案内
美祢市美東町赤3108

秋芳洞を出て、帰りがけに寄ったのがこちらです。
ネットでは“地元の人も行かない”くらいのことが書いてありますが、さて。

受付に行くと、一般コース1000円ではなく、プラス300円での探検コースを強く勧められました。
親子ほど離れた他人の男同士2人なのでちょっと恥ずかしい気もしますが、挑戦してみましょう。

ヘッドライト付きのヘルメットと懐中電灯、そして長靴を貸してくれます。
この長靴、丈の長いのと短いのがあるようです。
先に言っておきますが、長いほうがいいです!(笑)

入るときに名前と人数を書きますが、私たちはこの日8組目くらい。
秋芳洞の数百分の一以下でしょうかww

案内図
探検前にお姉さまからコースの説明を受けます。
ここは川が深い、ここは岩越え、などと言われたのですが、
中に入ったら忘れてしまいました。

案内地図が欲しいわけだがww


ということで、いざ出発。

まずは一般コース。

入り口そば
入口から近いところは、通路が整備されています。


だんだん低く
だんだん低くなりますね。


一般コースここまで
10分ほどで、一般コースの終点。

途中、少しばかり看板はあるものの、秋芳洞のような案内はありませんので、
化石の在りかや鍾乳石など、ずいぶん見落としたかな(笑)

さあ、探検コースのはじまりです!

一般コース終わり
行ってきます!


奥へ奥へ
奥へ奥へと進みます。

洞窟内は、ほぼ川なので、

さらに奥へ
浅いところを探したり、壁際の岩場をよじ登って深みを避けたりして進むのですが、


水浸し
進路を誤って、ハマったわけだがwww
ちなみに私の長靴は丈の短いやつだったので、中まで水が入りました。。。

最後は中腰どころか、手をつきそうになるくらい屈んで進み、


終点
探検コース終点!!


ここではライトを消して、真の暗闇も体験しましたよ。


書き込み
洞窟内には、いくつもの書き込みがあります。

あとでお姉さんい聞いたところ、
昔、水不足などの時に祈りをささげる意味で書き込まれたようです、と。

なるほど。

しかし。


バカ発見
バカ発見なわけだがww
萩高だか荻高だか知らないけど、日本の恥なわけだがwww
※景清洞は、天然記念物です。


1時間ちょっとかかって、なんとか帰還いたしました(笑)

濡れ濡れ
はい、長靴の中まで水が入り、ズボンはヒザ上までビッショリですm(__)m

でも。

スゲー楽しかった!!


童心に帰っての洞窟探検。
景清洞、大当たり! 
探検コース、大いにお勧めです!
そして、一般コースにすると、たぶん・・・
大損した気分になると思うので、ご注意ください(笑)

続きを読む

2014/02/07

秋芳洞 1@山口県美弥市

※ 記事のジャンルが『旅行』になっていますが、旅行ではありませんw
  同じくテーマが『国内旅行』になっていますが、旅行ではありませんww


秋芳洞 ※公式H.P.

入口
美祢市秋芳町秋吉3506-2

出張先で、空いた時間ができたので行ってみました。
小学校で学習した、有名な鍾乳洞ですが、人生初の訪問です。

親子ほど年の離れたタツヤくんと二人
はたからはどのように見えるのでしょうかね。
女の子だったら、愛人連れみたいなんだろうけどな~。。。

入場券
観覧券。
1200円です。

入口2
ゲートを過ぎるとすぐに、鍾乳洞入口が見えてきました。

入ります
さあ、入りますよ。


入りました
入口付近は明るいのですが、すぐに光が届かなくなり、暗くなります。
といっても、立派な通路が整備されております。

冬でも内部の温度が17度前後はあるようです。
長時間歩きますし、後半は坂道もあってで汗をかきますから、
あまり厚着しすぎない方がいいでしょうね。


百枚皿
百枚皿


千町田
千町田


大松茸
大松茸


黄金柱
黄金柱


巌窟王
巌窟王


マリア観音
マリア観音

その他、多彩な形状に変化した鍾乳石があって、感動的な美しさです。
有名な場所の多くはライトアップされ、各所に音声案内機が設置されているので、
見落とすこともありませんし、その造形の経緯などを知ることができますよ。

奥まで行って、戻ってくるまで1時間弱でしたか。
そのまま奥の出口から地上に出ると、秋吉台カルスト展望台まで行くことができます。


一生のうち、一度は見ておきたいところですね。



ラムサール条約湿地
秋吉台地下水系は、ラムサール条約湿地として登録されています。


秋吉台
秋吉台道路を走って、カルスト台地を通って帰りました。


あ、そうそう。

観光用の駐車場が各所にありますが、1回300円から500円。
しかし、私たちが利用したのは正面観光センターから少し外れた古い土産店で、100円。
しかも店内で500円以上買い物すると、タダにしてくれます。
店名失念しましたが、秋吉台道路寄りのこのへんだったかと

実は結構近いので、お勧めです。


2012/04/14

花見@幸手権現堂

4月13日

この日は、会社行事の一つ、毎年恒例の「花見」です。

中小企業の行事ですからね。社長以下ほぼ全員が参加。

昨年は震災の影響で実施しませんでしたので、2年ぶり。


駐車場に車を置いて、いざ“会場”へ。


菜の花

権現堂には桜だけではなく、菜の花があるので、すごくきれいなんですよ。


桜

桜並木の間を通り抜けると・・


宴会場

我らが宴会会場(笑)

ブルーシートにテーブル、つまみや酒など、ライトバン1台分の資材が広げられていますw

金曜日に実施するのですが、2年前、この広場はほぼ満席でした。

しかし、この日は曇りで夜から雨の予報のためか、私たちのほかに大人数の花見客は2組ほどと空いていました。



花見のある風景

宴会をする花見客(我々のこと)は、日本の花見光景の一部である、と認識しておりますので、

明るく、しかし騒がずに楽しく飲んでおりますと・・

急に風が出てきて大量の花びらが舞い落ちてきました。


おうおうおう!

桜吹雪

まさに桜吹雪


ライトアップ

暗くなり、ライトアップされても宴は続きますw



ライトアップ2

まだ続きます・・


と、だいぶ記憶が飛んだそのあとは・・・


全員で資材とごみを一気に片付け、全てをライトバンへ詰め込んで・・


タクシーとハンドルキーパーの車に分乗。

幸手で一番(※当社比)の居酒屋「正来軒」へ移動!もちろん予約済みですw

これも毎年のパターン。

昼間の正来軒(1)

店舗写真を撮り忘れましたので、翌日昼に撮った写真でスマソ。


そこでもさんざん飲み食いしたわけです。

ホワイト餃子は欠かせない

ホワイト餃子は欠かせません。

大きくて、厚い生地に包まれたそれは茶色くこんがりと焼かれています。

中身は熱々で、うんまい!

シナモンがちょこっと効いているのが、またいいんだな~。

ちなみに、はじめてホワイト餃子を食べた時は、「なんじゃこりゃ」「これが餃子?」などと思ったのですが、

何度か食べるうちに、だんだんと美味しさがわかってきましてね。

いまでは大好きです(笑)

そして美味しいモツ煮、絶品の白もつ焼き(塩)などを食べ、飲みまくっていると

誰が注文したのか

〆のラーメン登場

〆のラーメンが登場!

ええ、いただきますとも!

正ちゃんラーメン (値段は・・いつも失念)
ラーメン



あっさり鶏がらの醤油ラーメン。

塩気もほどほど、麺もしっかりコシがあって飲んだあとにピッタリです。

例年、花見の席で記憶をなくす私ですが、今回は二次会まで元気だったようです。


元気な人たちは、さらに三次会へ・・・


しかし限界を迎えた私は、ここで離脱。

また来年だね。


なお、健全な都市・幸手で飲み、そして健全な町・杉戸へ帰る私が、

決して妙なところに立ち寄らずまっすぐに帰宅したことは、いうまでもありませんw
2011/11/11

長野原出張

11月4日から7泊8日で群馬県の長野原町へ旅行・・ではなく、仕事で行ってきました。

こちらへは毎年秋、某客先の機械の補修工事のために訪れるのですが、

たまには仕事の合間や自由時間に撮った写真などをアップしてみましょうw


吾妻渓谷の紅葉   吾妻渓谷の紅葉2


行きがけに通った、吾妻渓谷。

紅葉を見る観光客の車で、渓谷の駐車場は満車でした。


川原湯も工事開始

ダムに沈む町、川原湯温泉に、昨年はなかったクレーンの姿。

以前はこちらにある「柏屋」さんに泊まっていたのですが、昨年春より休業されたため、

いまは「半出来温泉・登喜和荘」さんにお世話になっています。


ちなみに周辺道路も遅滞なく完成しており、前原大臣(当時)が就任早々に工事中止を打ち出した影響など

全く感じられません。

吾妻渓谷から長野原までは、新しい国道も開通しました。


バイパス   バイパス2

帰りに通ってみましたが、走りやすく、非常に快適な道路。

これまでの渓谷沿いの道より10~15分以上の時間短縮&車酔いなし(笑)



現場から見た浅間山方面

仕事場所のある某所から見た、草津方面。

ようやく寒くなってきました。雲がかかっていますね。




登喜和荘

さて、出張中の宿は、「半出来温泉・登喜和荘」さん。

HPはこちら  http://www.nande.com/tokiwasou/

あくまでもビジネスということなので、料理などは通常コースでの宿泊です。

何枚か料理の写真を撮ったはずなのですが、ピンボケだったので、一部を紹介します。


夕食時の鍋

初日は元請けの監督も宿泊していたので囲炉裏コースに変更してもらったのですが、これはその時の鍋。

採りたての野菜がたっぷり入ってうんまいw


  囲炉裏コースの魚

囲炉裏コースの焼き魚



あ、これは仕事ですよ。

出張中の、仕事以外の部分の日記ですからねw



でもって、風呂に入るわけですが、もちろん温泉です。

温泉

入口

温泉分析書   上出来入浴方法

温泉分析書 そして                      半出来温泉の上出来入浴法

カレンダー

脱衣場のカレンダーには、もちろん地元で圧倒的な支持を受けている小渕優子議員。



平日の明け方、私たちしか泊まっていないときの、誰もいない夜明け前に写真を撮ったのですが

男湯   ホームページより 内風呂

内風呂(当然、男湯) 湯気で何も見えん             ということで、ホームページの写真を(笑)


扉を開けて露天風呂へ

露天風呂案内

混浴です

私たち(男性)しか泊まっていないけど(笑)

昨年、今年と15泊以上泊まっていますが、露天風呂へ出てきた女性を見たことはありません。w


露天風呂  

やはり湯気で見えん。暗いし。             

 ホームページより露天風呂   ホームページより

ということで、再度ホームページの写真              なるほど、混浴ですか・・



露天風呂で迎える夜明け

露天風呂で夜明けを迎えました。

今年は温泉の温度がやや低く、温いような気がします。





仕事が順調に進んだため、ある日、15時くらいで作業が完了。

宿へ戻るのは早いな・・・すると群馬在住のメンバーが、

「近くに混浴の露天風呂があるから、行ってみんべ」と言うので

六合村の方にある、尻焼温泉へ

なんでも、川底から温泉が湧いている珍しい温泉で、若いお嬢さんもいるとかいないとか・・・


ワンボックス2台は、オヤジたち7人を乗せて山道を走ります。


尻焼温泉へ

現場から車で30分ほどかかりました。



尻焼温泉駐車場案内

公共の駐車場があります。


野天風呂看板

おw

野天風呂の案内だw

トイレもあります

温泉入口にはトイレも完備


川風呂入口(1)

この先に混浴露天風呂が・・・


川風呂?

あれ? 川? 水??

そこにいた地元の方の話では、前日ダムの放流が始まったということで、一週間ほど入れないようです。

当然、ギャルの姿もなく、呆然とするオヤジ達・・・


川原の温泉   淵を補修していました

川の脇には小屋があり、そこは入れるというので、若い衆は入ってみましたが、私はパス。

温度は結構熱いです。



このまま帰るのもなんですし、時間もあるので草津を回ってみました。


草津湯畑  湯畑その2

有名な湯畑です。

せっかくなので、湯畑の傍にある公衆浴場へ入って温まって帰りました。

ええ、もちろん混浴ではありません。


あれ?

ロック座がなくなっている

以前草津に泊まった時に行ったことのある、「草津ロック座」がなくなっていますよ。

時の流れを感じますね。




雨上がりの朝、、コンビニから虹を発見。

朝の虹 11月7日

思わず写真を撮ってしまいました。




天気が良いとこんな感じ

現場から、草津方面の写真をもう一枚。

天気がいいと、こんな感じです。



また来年も来ます。

もちろん、仕事に、ですよ。

そして来年こそ尻焼温泉へ・・・(爆)