2015/12/21

ラーメンショップ仲 5@千葉県白井市

ラーメンショップ仲
店舗
千葉県白井市中292-7

「ラーショを愛する会」のnorizom777です。
あいさつ回りで船橋方面へ行きましたので寄ってみました。
もちろん、自然な気持ちと行動なので
とりたてて強調すべきことはございません、はい

さて、そろそろ違うメニューを食べて・・・


・・みません(爆)


ナンコツラーメン(700円) ※麺硬め

丼
いつもの道 いつものラーショ いつものメニュー・・・


スープ
今日のスープは、ムムムの薄目。
ちょっとちょっとな感じですが
何度も食べておりますので、ブレと理解しましょう。


麺
平ざるであげられた「5007 ○あ」の麺は、
ちょっと硬め・・・というか、北関東的には普通(笑)


なこつ
軟骨は、スープ同様にやや薄味。
軟らかくて旨いんですがね。
食べている間、軟骨の仕込みの話をしているのが聞こえましたが
毎日、出る分を見込んで作っているようです。


わかめ
デレッとわかめ


海苔
なんとなく海苔


そして普通のネギが乗る構成は、いつもの通りw


 ごちそうさま 


また来ます。

今度こそ、違うメニューか、なんこつ単品を・・
2015/05/13

ラーメンショップ仲 4@千葉県白井市

ラーメンショップ仲
店舗
千葉県白井市中292-7

「ラーショを愛する会」のnorizom777です。
昼前に食べたマルクニのナンコツと 姫比べ 食べ比べ をするために、行ってみましたよ。

ピークがとっくに過ぎた14時半ころ。
営業時間が不明のため不安がありましたが、問題なく営業中で、先客2。

前回訪問時に「次回こそもつ煮ラーメン!」なんて思っていたのですが・・・


ナンコツラーメン(700円)
丼
同じメニューばかり大変スマソ・・・

マルクニさんの「ラーメン650+ナンコツ200」より、150円安い。
ここ、かなり前から改装もしてないけど、値上げもしていないような気がします。


スープ
背脂の浮かない、スープは、昔ながらのラーショの証か。
出汁感穏やか、旨みキッチリで油多め。
他店と比較して、なんとなく薄く感じてしまう、
濃い味に慣らされている駄舌でございます。


麺
「カタメ」指定ですが、中庸のチョイ上程度。
先ほど食べたマルクニよりやや硬めかな。
あれは基準外だけどwww


なんこつ
そして軟骨。
これは、ホネを感じることのないほどに、よく煮込まれています。
やや小ぶりですが、うんまいw


なんこつ2
厚みもあって、スライスした感じはありません。


なんこつ3
味もよく染みていて、旨し!
ナン“骨”であることを忘れる軟らかさです。



ワカメ
ワカメやその他の具は、ラーショらしいものばかりですが
特に触れないでおきますw


 ごちそうさま 


また来ます。

しかし、またも食べてしまったナンコツラーメン、
そして、またも聞けなかったマルクニとの関係・・

次回こそ、もつラーメン!
と何度思ったことか・・・m(__)m


2014/10/16

ラーメンショップ仲 3@千葉県白井市

ラーメンショップ仲
店舗
千葉県白井市中292-7

「ラーショを愛する会」のnorizom777です。
小室方面に所要があり、「なんこつラーメン」が食べたくなって行ってきました。
昼前の訪問で、先客4。

結構メニューが多いのですが、注文はブレませんw


ナンコツラーメン(700円) 
丼
消費増税後も値段改訂をせず(実質値下げ)、頑張っておられるコチラ。
ナンコツのボリュームは減ったような気がしますが、仕方ないことかもしれません。


スープ
スープはラーショの・・・ん?
なんかやや甘い味が支配。
豚骨醤油ならぬ軟骨醤油的な雰囲気。
もともとスープ自体は薄めで、軟骨の影響力はあったのですが、
今日は特にそんな気がします。


麺
私一人のオーダーでしたので、麺はお母様が直々一人前を平ざるで茹でてくれたもの。
茹でている最中に指で、そして口に入れて、ちゃんと麺の茹で加減を確認していましたので、
間違いなく、デフォであります。
少しヤワ目ですが、これがラーショの加減、母の優しさということでしょう。
ちなみに麺箱は5007。椿の箱ですね。


ちなみに、ここではいまだに
“麺硬め”とか“アブラ多め”が可能かどうか確認できておりません。
なんとなく、聞けないんです。
他のお客さんが好みを言っているのを聞いたことがありませんので・・・次回の課題といたしますm(__)m


なんこつ
さて、味の染みた軟らかナンコツ。


なんこつ2
味がしっかりと濃いけど、決してショッパくはありません。
やや甘く、肉ホロホロに煮込まれておりますよ。


断面
軟骨は噛み切るときに少し弾力のある感じ。
これはベストな加減でしょう。
うんまいねw


ワカメ多め
ワカメが多いのは、コチラの特徴。
といっても、ラーショではさほど珍しくはないですかね。

そして今回は麺を中盛にせず、半ライスを注文。


半ライス(150円)
半ライス
半ライスであることに、ホッ。
塚崎店だと、この茶碗に山盛りが半ライスですから、見るまでは油断できませんw

そしてもちろん


モンブラン
なんこつモンブラン!


 ごちそうさま 


おいしいナンコツラーメン、また食べに来ます。

2013/12/24

ラーメンショップ仲 2@千葉県白井市

ラーメンショップ仲
店舗
千葉県白井市中292-7

毎度~
「ラーショを愛する会」のnorizom777ですお~。
船橋で打ち合わせがあったんで、こちらにお邪魔してみましたお~。


ナンコツラーメン(普) 700円
丼
数あるメニューの中から、前回訪問時と同じものを注文。
軟骨が大好きなんで許してくださいお~。


スープ
撮影会を終えスープを一口。
「旨軟骨いぉお~~」

スープは、千葉方面に多く残る、背脂が入らない昔ながらのラーショ醤油。
粘度はないシャバ系で、課長活躍系ながら、遠慮がちなくらい薄い。


麺
麺はラーショの麺。
「〇あ」ながら、ヤワメなので、ラヲタには受けないタイプ。
麺量はラーショ標準。


なんこつ
しかしながら主役の軟骨。
これは旨い。
柔らかく、しかし軟骨はコリコリとしていますお~。


なんこつ厚い
この厚みやで~。


厚い
この厚み、どや。


断面
この断面、どや。

濃いめの味付けが、現場系労働者に心地ええんよね~。
スープの薄さをカバーしてしまうがな。

こんな軟骨が大小合わせて4つ入っているから、軟骨好きにはたまらんね。
ネギやワカメは脇役として全く目立たなくなる、そんな軟骨やね。

あっ!という間に完食!
連食2杯目やし、塩分摂取過多が怖いんで、完飲は控えた。
ゴメンぉ~

 【味】60 【スープ薄い】-15 【麺ヤワイ】-5 【軟骨旨い 】+30 

総評。

軟骨好きのための軟骨ラーメンやね。

ってことでどないやw


※ 似たような文章があったらインスパイヤやさかい許してくださいお~
2013/07/23

ラーメンショップ仲 1@千葉県白井市

ラーメンショップ仲
店舗
千葉県白井市中292-7

「ラーショを愛する会」のnorizom777です。

客先へ行ったついでに、連日のラーショ。
といっても行きなれた店ではなく、久しぶりの店なんです。
ここは15年ほど前、近所の工業団地で工事をした際、よく来ておりました。


メニュー
メニューは多彩。

4年前に訪問した際、なんこつラーメンが提供開始されることを知ったのですが、
そのことをすっかり忘れて、再訪せずにおりました。
なお、こちらのメニュー表記「なんこつ」はカタカタです(笑)

7月23日 11:30 先客なし

カウンターに座り、ナンコツラーメンを注文。
麺の硬さなどの好みは、あえて言いませんでした。


ナンコツラーメン(普) 700円
丼
久しぶりのなんこつラーメン!

見た目は大神保の「ラーメンショップまるくに」のものに酷似していますよ。

え?ラーショだから同じで当然だろ!って?

・・ ┐(-。ー;)┌


スープ
スープは油が浮き、タレ先行で課長感強め。背脂はほんの少々。

この味をどう評価するかは個人の感覚ですが、私としては・・
うん、ラーショらしい(爆)


麺
麺は中細。
厨房内に置いてある麺箱の側面に、例の「5007」で終わる電話番号が書いてありましたので、
いわゆる椿系、正統派ということでよろしいでしょうか。


麺2
茹で加減は中庸。
カタクもなければ、ヤワいとも思いません。
ま、硬め好きならもうちょっと、というところでしょうか。
この啜り心地とかん水臭さに、やはりラーショらしさを感じます。


なんこつ
そしてナンコツの、
この、ホネの残り具合とトロトロまでの煮込み加減、そして濃いめの味付け。
やっぱり「ラーメンショップまるくに」と同じ味のような気がします。



なんこつ2
いや~、うんまい。
主役を張れるナンコツです。

これが3つか4つはいっていたんですが、
1週間たったら忘れちゃいましたm(__)m


あ。 ほかにネギや海苔、ワカメもたっぷり入っていたことを申し添えます(爆)


 ごちそうさま 


次回は味噌の“らしさ”を確認してきましょうかね。


看板2
道路際の看板はこれ。

店頭のシート看板が「うまい  うまい」ではなく「おいしい!」。
暖簾もただの「ラーメン」。

外観的宣伝効果から、“ラーショらしさ”を排除している謎については、
おいおい調査することにいたしましょう。