2013/08/30

三男坊 米工高前店 1@山形県米沢市

8月29日 
この日は米沢出張ということで、皆より早く出て朝ラーメン。
家から飲まず食わず、休憩もせずに走ること、3時間弱。
「ラーメンショップ 栗子店」へ着くと、店舗、看板がリニューアルされ、
店名が「ラーメンショップ栗子山」になっていました。

そして、

栗子山営業時間  

フラレンジャー惨状!

営業時間もリニューアルされていたわけだが(核爆)
義務感から店舗情報、店名ともに変更依頼をしてしまったわけだがw


米沢には朝ラーメンやっている店、ないはずだけど念のため、ネットで検索すると・・
おお、朝ラーメンを始めた店があるじゃないですか!
しかも、朝の営業時間は5時~9時ですって!


さっそく行ってみました。

三男坊 米工高前店
看板
山形県米沢市大字川井315-4
またも店舗情報を変更をしてしまったわけだがww


朝のメニュー
朝のメニューは限定されていて、こちらです。
目の前に高校があるだけあって、学生さん向けのメニューは安く、ボリュームを多くしていありますね。

私は基本の中華そばにサービスの半ライス(お新香付き)。
そして、それによく合うという「生みたて卵」を注文。


中華そば(600円)+生玉子(50円)+半ライス・お新香(サービス)
丼
なぜ別々に写真を撮ったかといいますと、

半ライスと生みたて卵
“半ライス”とお新香が、別のトレーに乗ってきたからなんです。

オッサンにとっては、どうみても 半ライス 全ライス なわけだがw
しかもタクアンのほかにキムチ付き。朝からボリュームたっぷりなわけだがww



スープ
スープは鶏がらや野菜に、ふんわりと煮干が効いた、
これぞあっさり中華そば。


麺
麺は縮れた細麺。


麺2
茹で加減は上々、というか、この麺ではベストではないかと思う。
スルポソっと啜れて心地よい。
あっさりしたスープに、じんわりと美味しい麺。いい組み合わせです。


チャーシュー
具はチャーシュー、玉子、海苔にナルト、そして刻みネギ。
チャーシューは薄めの味付け。
他の具も、スープとのバランスを崩さない、素材感重視な味付けでうんまいw


おっと、こうしてはいられません。
ライス、ライス、っと。。


卵をかける
生みたて卵をかけてキムチを乗せ

・・・まだ食べない(爆)

そう・・

乗せる
麺を乗せる(再爆)

米沢モンブラン、おいしゅうございましたw


 ごちそうさま 


これで650円。
満足度高し、ですぜ。

米沢初の朝ラー、みなさんもいかがですか?


レギュラーメニュー
レギュラーメニューも多彩。
季節の限定メニューなどもあるようなので、朝だけじゃなくて、昼もね。


営業時間
営業時間と定休日
2013/07/04

つけ麺心心 1@山形県米沢市

市内の仕事を終えたのが11時20分。
せっかく米沢に来たのだから米沢ラーメン、と思い「龍上海」へ行くと
駐車場に車が多数、そして店頭には開店待ち客が10人以上。

・・・アッサリとあきらめますm(__)m

ということで、向かったのがコチラ


つけ麺 心心 
店
山形県米沢市春日2丁目8-52

米沢まで来て、つけ麺かお?

そんな質問にはこう答えよう。
「私は仕事で来ているのであって、ラーメンが目的じゃないんだよ」



貼り紙
店内に、「店主が旨いと思ったつけ麺」の貼り紙がありますよ。

「風雲児」 「とみ田」 「えん寺」 「六厘舎TOKYO」

みんな東京近郊なわけだがw
知識がないと、どんな味なのか、そして有名なのかどうか、わからないと思うわけだがww
という私自身、すべて未訪なわけだがwww

店名に“つけ麺”と謳うくらいですから、これらの店リスペクトなのかな?
と思ったものの、上述の通り、すべて未訪なので判断できないわけだが(核爆)

ということでメニューを拝見。


メニュー1 メニュー2
豚骨魚介のつけ麺で、味に変化をつけているようですね。
こちらは「濃厚」と「うま辛」


メニュー3 メニュー4.
こちらは「さっぱり」、そして「ラーメン」


メニュー5 新メニュー
サイドメニューやトッピング。          新メニューも出しているようです。


少し前まで提供されていたと思われる「男気ラーメン」は、なくなったのかな。
案内が目に入りませんでした。


麺量の説明
麺量の説明書きたあります。
こちらの店は、茹で「あがり」の重さなんですね。


極 魚介豚骨濃厚チャーシューつけ麺 930円

丼
つけ汁のネギが目立ちますね。

米沢まで来て、豚骨魚介かお?

そんな質問にはやっぱり、こう答えよう。
「私は仕事で来ているのであって、地ラーメンが目的じゃないんだよ」


つけ汁
つけ汁は、魚粉とアブラ多めで濃厚感を演出しますが、
濃度的にはさほどでもなく、麺との絡みもほどほど。
味はやや甘めで、酸味が少々。
多めのネギが、味と食感に変化を与えてくれます。
厚めの器で、アツアツな状態が継続するのはなかなかいいですね。


麺とチャーシュー
麺は全粒粉入りの極太麺。


麺2
茹であがりはやや硬めで、風味はまずまず。


麺3
これくらいの絡み方だと、割りスープで割るほどにまでは減りませんね。

なお、茹で上がり後の麺量300gというと、体感的には(茹で前で)200g位かな。
腹六~七分目というところですね。


チャーシュー
チャーシューは炙ってあるのかな。
ただ、薄いっす。


割スープ投入
ポットで提供された割りスープはアツアツ。


完食
思ったほどコナコナしなかったのには好感を持ちました。


 ごちそうさま 


久しぶりの豚骨魚介でありました。


営業時間と定休日
定休日と営業時間


駐車場
店の横に駐車場があります