2017/03/12

スパゲッチー食堂 ジャポニタン 1@埼玉県春日部市

スパゲッチー食堂
ジャポニタン

店舗
2016年末にオープンしたこちら。
春日部休憩所の旧店跡にスタートしたこともあり
早々に行きたかったものの、春日部は

会社にいる時 昼食を食べに行くのは時間的に無理
外出した時 昼食の時間帯に通ることは稀

ということで、2月中旬にやっと行ってきました。
開店と同時の入店で、先頭でしたが、すぐにお客さんがゾロゾロと。

店員さんは女性が二人。
(現)春日部休憩所でお世話になっておりますm(__)m

簡単に商品説明を受けて


券売機
券売機で食券を購入。


見本
店頭と券売機上に見本がありますが
赤いドンブリに赤い麺なのでちょっとイメージがわきません(笑)


卓上
カウンター席だけの店内。
必要なものは前に置いてあります。


オムジャポニタン中盛(800円) + 大関(200円)
オムジャポニタン大関2
想像通り、盛りとしては穏やかな感じ。
よってジャンク感はさほどありません。
ドンブリではなく鉄板の オム だからそう見えるのでしょうね。



麺
オム、が麺に絡みますし
この鉄板が最後までアツアツで食べさせてくれます。


オムナポリタン(800円)
オムナポリタン並
こちらは、かみさんが食べた
オムナポの並。


完食
とは言っても、
ここは二人とも
見た目の通りあっさり寄り切りw


 ごちそうさま 

ジャポニタン、なら
もう一皿逝けますなw
ナポリタンだとチト重いかも。


写真
月刊誌の取材も受けたとのことです。


スパゲッチー専門食堂。
今後の発展を期待します。

ただ、「盛り」を煽る、いや、売りにするなら

インスパ系や山崎屋、奥会津、古都
などの大盛り系のメニューを食べた経験からすると


200g 前相撲
250g 序の口
300g 三段目
400g 幕下
600g 十両
800g 幕内
1k  小結
1.2k 関脇
1.5k 大関
2k  横綱
3k  親方


くらいかなあw
2017/02/27

ホープ軒 千駄ヶ谷本店

ホープ軒 千駄ヶ谷本店
店舗
都内で徹夜仕事明けの日曜朝。
東京マラソンがあるためか、さわやかな朝にもかかわらず
外苑をランニングする人の姿もほとんどない。
店の前のパーキングエリアに車を停めて足早に店へ向かう。


7年半ぶりの訪問。
2階に数人のお客がいると思われるが、
立ち食いの1階に他の客はいない。

店頭の両替機で両替、さらに券売機でプラ券を買って
カウンター真ん中へ。

アブラ多め、を告げて待つ。


チャーシューメン(1000円) ※アブラ多め
丼
美しい。
まっ白な丼に背脂がたっぷり入ったスープ。
正統派というか、歴史的重みをもつラーメンである。(個人的感想)


スープ
うんまげな豚クサ香るスープ。
朝から大量のうまいアブラを摂取することができて幸せになり
徹夜仕事の疲れも吹き飛んだ。
一時的ではあるが・・

旨い。

背脂は、モノによっては食べると胃と体が反応するのであるが
このラーメンでは皆無。
下手すれば全部飲んでしまいそうだ。

ねぎいれ
提供前に高台に置かれた
入れ放題のネギを乗せてアクセントにする。


麺
中太のストレート麺。
硬めでコシがあり、スルスルと啜れる角ばった麺は、スープに負けない武骨さがある。
背脂の吸い付きも良い。
このスープにはこの麺で、間違いないのだ。

旨い。


ちゃ
チャーシューも旨い。
バラ巻きのチャーシューは脂身がしっとり軟らかく、赤身とのバランスが良い。

旨い。


 ごちそうさま 


日曜早朝だと、車を停める苦労も
混雑の中で食べるストレスもなさそうだ。

また来ます。
2017/01/15

手打ちらーめん 一兆 1@群馬県邑楽郡板倉町

手打ちらーめん 一兆
店舗2
群馬県邑楽郡板倉町大字板倉1998


またしても手打ちが食べたくなり、思い出したのが友人の記事
近くの雷電神社には、今年はもちろんここ数年初詣に来ておりまして
群馬といえども、いまや高速使えば30分圏内なんです。


11:30開店ということですが、11:25になっても店内は暗いまま。
ちょっと不安でしたが、帝国少し前に電気がつき、営業開始となりました。
そして、私達の直後に数台の車が来て、開店五分後には15人ほどが店内に。
みんなワカッテルナーと、シャッターズ夫婦の感想w


広い座敷ではなく、2つあるテーブル席に座り、メニューを確認。


ノーマル かわりめん
ノーマルメニュー               と                変わり麺のメニュー

メニュー豊富じゃないですか。

そして


日祭のセット
平日だけではなく、日祭日は
「闘う男の日祭日ランチセット」なるものがありましたので
うす皮餃子 を一つ、つけました。


で、よく見ると

闘う女の方は、店員にお尋ねください」 の文字が。



E4B880E7949FE381AEE4B88DE8A69A.jpg
しまった!
ネタ的にも、店員さんに聞くんだった・・・


で、10分ほどで餃子、続けてラーメンが運ばれてきました。


みそ納豆麺(780円)
みそなっとう
メニュー名そのままのビジュアル(笑)




スープ
スープはちょいピリ辛の味噌。
よい塩梅の濃さで、グビグビ。


なっとう
さて、納豆。
こいつを溶かすと・・・

あ、そうか、納豆汁か。

と 納豆・・いや納得の味ですよ(笑)


麺
太め厚めの手打ち麺はツルモッチリ
スープをしっかり纏って啜り心地よくうんまい


もやし
もやしはたっぷり。
歯ごたえもよく、スープを吸っていい感じです。

具は他に
チャーシュー、メンマ、ナルトにコーン。
これで税込み780円、ですからね。
満足度高いですよ。


 ごちそうさま  


美味しかったです。
次回も、納豆を入れるかどうかについてはノーコメント(笑)

だって、この味噌味、好きなんですもの。


そしてかみさんが食べた

トマトラーメン2号(700円)
トマト2号
トマトもサラリとしながら味濃く洋的シフトで旨い。

かみさんも、スープも麺も美味しいと満足で
完食、スープもかなり飲んじゃいました。

変わりダネですが、
ベースがしっかりしているから旨いのですよね。


うすかわ餃子(230円)
うすかわ餃子6個
この餃子も、薄皮を噛み破る感覚がよく
ぎゅっと詰まった餡が旨い。
230円はオトクですな。


また来ます。


案内


2017/01/14

ラーメン厨房 ぽれぽれ 1@群馬県館林市

ラーメン厨房 ぽれぽれ
店舗
群馬県館林市緑町1-32-8

新年2杯目は久々のコチラ。
所謂シャッターでの訪問です。


メニュー1
レギュラーメニュー


メニュー2
生姜ラーメンは季節ものということでしょう、
別メニューとして置いてありました


とろみ生姜ラーメンスペシャル(890円)
丼1
チャーシューと半玉がプラスされて
90円プラスというのはお得感があります。


雪
この雪は、背脂ではありませんw


スープ1
とろみを持たせたスープは
生姜でいっぱいで、うんまいw

とろみがあるためか、
飲んだ瞬間から体が温まりますよ。


麺
麺はもちろん手打ち。
厚め太めのピロピロ麺が旨い。
そして、とろみ生姜スープが絡む、絡む。

食べていないので普通の麺との差はわかりませんが
このスープには手打ち麺で間違いないかと。

ほかの具はチャーシューが2枚、
トロリ半味玉に海苔、ネギ、メンマ。

どの具も、生姜スープとの相性がよいですな。


 ごちそうさま 

美味しかった。
完食、完飲でございます。



かみさんが食べた

闘魂辛みそラーメン(860円) + ダー!辛(50円×4)
丼2
中央の赤いのはカニの脚ではありません(爆)

数年前、彼女はこれを食べて美味しいと言っておりましたが、本人は忘れておりました・・

辛さ4段階の一番上ですが、私でも二口は飲める辛旨でして、なんなく完食。
スープも結構飲んで、「美味しかった」と。

数年後にまた連れてきてみっかなw


開店前にいたのは私たちともう一組でしたが、
ラーメンを待つ間に、ほぼ満席になりました。
子連れ、家族のお客が多い繁盛店ですね。

近いうち、一人で来ます(笑)


案内
Twitter、インスタグラム、Lineなども始めたようですので
お店の最新情報はコチラから

2017/01/11

煮干し中華蕎麦 山崎 1@栃木県小山市

煮干し中華蕎麦 山崎
店舗
栃木県小山市駅東通り2-34-9
       屋台村 内

新年あけましておめでとうございます。
1月3日ともなると、ラーメンが食べたくてウズウズします・・・ね?

などと、ラーメンを食べたいと言いましたら、友人が
正月早々朝から営業しているコチラを教えてくれました

以下、店主Twitterより
2017 1/3・1/4 7:30-9:00
夜明けの煮干し中華蕎麦 650

所謂朝ラーです。
通常は使用しない2番煮干しに追い鰹を施し玉葱のみで仕上げたあっさりかけスタイルでのご提供です。
正月料理で疲れた胃に優しく沁み渡ります。

ワンオペでの営業となります。



とうことで、行ってみました。
高速4号線を使えば、数十分で到着でやすw

店内に入り、口頭で注文。
大盛は+50円ということでしたが
勘を働かせて、“並”にしました。


夜明けの煮干し中華そば・並650円
かけ
隣の人の“大盛”は、スープが見えませんよ(笑)

この手のラーメンは“並”がバランスいいのです。

もちろん、個人的感想でございますw


スープ
煮干しの苦味も旨みも併せ持つ
シンプルで美味しいスープ。

「2番煮干しに追い鰹を施し」が、通常のスープとどう違うのかは
通っている常連さんのツイッターやブログでご確認くだされ。
ただのラーメン好きオッサンには味も違いも表現もできないのでございます。

具は玉ねぎのみと非常にシンプル。

値段的に肉片くらいは欲しい気もしましたが
正月ですからね。


麺
麺は細麺ストレート。
噛みごたえがあるというか、麺の主張が強いのですが、
バリカタ並にに硬い麺は
咀嚼力の弱まった年寄りには少々つらい(笑)
やはり、ラヲタ好みの“パツパツ麺”を意識した仕様でしょうか。

たしかに、3日の朝から食べに行くのは、ほぼラヲタかもしれませんがw

スープとの相性はよく


完食
完食でございます。


 ごちそうさま 


正月から、旨い煮干しラーメンが食えるとは
日本も変わってきましたな。


いずれ、レギュラーメニューを食べにお邪魔します。